総量規制対象外で年収の3分の1以上キャッシングするには

総量規制対象外で年収の1/3以上キャッシングすることはできないか。現在持っているカードローンではお金が間に合わない。

無計画に返済能力を超えたキャッシングをすることは無謀というものです。しかしきちんとした返済計画を持って総量規制以上のお金を借りるなら方法はあります。

キャッシングは年収の3分の1まで

カードローンのキャッシングが年収の3分の1までとしているのは総量規制のことを言います。

総量規制が導入されたのは、貸金業法が改正された2010年6月18日のことで、それ以前までは貸金業者の審査に通れば年収に関係なくお金を借りることができました。

しかし貸金業者による過剰貸付が横行し、返済できないカードローン利用者に対する容赦ない取り立てが社会問題に発展しました。

それによって貸金業法が改正されたのです。もちろん貸金業者側だけが悪いわけではありません。

明らかに返済能力を超えたお金を借りようとする借入希望者にも責任の一端はあるはずです。

でもお金を借りようとする人は「立場の弱い人」との見方が強いため、貸金業者に対して「それ以上貸してはならない」と強制的に制限をかけた方が簡単だったのです。

その結果として個人に貸しても良い上限額を年収の1/3までと定めたわけです。

なお総量規制が適用される貸付は、個人向けの消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシングなどノンバンクの貸付であり、銀行が行う貸付業務は総量規制が適用されません。

年収の証明方法はどうするの?

いくら総量規制を導入したとしても、カードローンの申込者の年収がわからなければ総量規制枠を計算することはできませんね。

年収が300万円の人は100万円まで、年収が600万円の人は200万円までならお金を借りることは審査の内容によって可能となります。しかし年収を特定しなければきちんとした総量規制枠を算出することができません。

カードローン申込者の年収を確認するには借入申込書に記入する年収、及び信用情報機関に登録されている年収によって判断することになります。

しかし借入申込書や信用情報機関に登録されている年収に間違いないのか、確かなのかという疑問が生じます。

借入申込書に水増しした年収を書いてもバレないのではないか、とも思いますよね。

消費者金融業者などの公式サイトで確認すると、借り入れに必要な書類は本人確認することができる書類があれあれば印鑑は不要としています。これでは年収を確認する方法がありません。

総量規制は年収を基にするわけですから、曖昧な年収では法律の意味が薄れてしまいます。

業者の顧客データベースで年収の推測が可能

カードローンの審査は信用情報機関による審査だけではありません。

消費者金融業者ともなれば今まで利用してきた顧客のデータ、現在利用している顧客のデータを社内データベースに保存してあります。

消費者金融業者で最大級のアコムの会員数は120万人を超えています。過去のデータも合わせれば膨大なビッグデータを持っていることになりますね。

大手の消費者金融業者は社内データを信用情報機関のデータのように管理しています。

カードローン申込者の記入した借入申込書の年収が正しいのか、社内データから抽出すればかなりの確率で推測することが可能です。

全く同じ企業がなかったとしても、同じような業種や規模の会社を抽出することで、年齢をもとに年収を類推することはいくらでも可能です。

それと合わせて信用情報機関に登録されている年収を比べることで、カードローン利用希望者の年収を求めることは容易なことなのです。

審査の内容によって収入証明書を提出しなければならない

また審査の内容によっては、カードローン申込者から収入証明書の提出を求めますので、より確実な年収を調査することが可能です。そしてそのデータは信用情報機関に登録されます 。

カードローン申込者が収入証明書を提出するパターンは次の通りです。

・借入希望金額が50万円超
・他社借入金額との合計が100万円超

以上のどちらか一方でも該当すれば、カードローン申込者は収入証明書を提出しなければならないことになっています。

収入証明書とは源泉徴収票や給与明細書、所得証明書などがあります。自営業者であれば確定申告書で収入証明書とすることができます。

収入証明書の提出は勤務先が変わる、または年収が上がった(下がった)場合でも提出しなければなりません。

それ以外にも消費者金融業者側で年収に疑わしい点が見つかれば収入証明書の提出を求めますので、信用情報機関に登録されている年収はほとんど間違いのない年収と言ってもいいでしょう。

年収の3分の1以上のキャッシング

消費者金融やクレジットカード会社でも年収の1/3以上借りることは不可能ではありません。

総量規制には抜け道があり、除外貸付や例外貸付という方法で年収の1/3以上を借りることができます。

除外貸付は主に不動産や有価証券、自動車などを担保に入れた担保ローンや高額医療費を支払うための貸付に主眼を置いており、総量規制で定める年収の1/3以上を借りることが可能です。

また例外貸付はおまとめローンがよく知られていますね。

おまとめローンは借金をしている人に一方的に有利なローン商品で、将来にわたって借入残高を減らしていくことが期待できる商品です。

貸金業法が改正される前から借金を抱えていた人は、年収の1/3以上を借りていることが多いです。多重債務者が返済困難とならないために特別に設けられたのがおまとめローンです。

他にも、社会通念上誰が見ても緊急性があると判断されるような10万円以下の貸付であれば総量規制を超えて借りることができます。

また夫婦の年収を合計することで、その額を総量規制の計算基にできる配偶者貸付を利用すれば、カードローン契約者の年収の1/3以上借りることも可能です。

なお個人事業主に対する貸付も総量規制の例外貸付となります。

しかし大手消費者金融業者を中心に総量規制の除外貸付や例外貸付を採用している業者は少ないため、採用している業者をインターネットなどで検索しなければなりません。

総量規制対象外のキャッシング

総量規制対象外のキャッシングとなるのは銀行カードローンです。

もちろん銀行カードローン以外にも、銀行が行う貸付は全て総量規制の対象外です。

住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなど個別契約の借入でも総量規制が適用されることはありません。

したがってキャッシングできる限度額が年収の3分の1までのような制限はありません。

消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシングのように、年収300万円なら100万円までしか借りれないということはありませんので、比較的多めに借りたいという人にとっては銀行カードローンが向いていますね。

なお銀行は貸金業法が適用されず銀行法によって規制されているため、そもそも総量規制という概念がないのです。

銀行の審査にさえ通れば極端な話いくらでも借入することはできますが、一般的には年収の1/2までとなっていることが多いです。

ということは年収300万円の人でも150万円程度までなら借り入れができるということですね。

銀行カードローンのメリット

銀行カードローンのメリットはやはり金利が低いということでしょう。

消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシングの金利が標準で年18.0%なのに対し、銀行カードローンの金利は年14.5%前後のことが多いです。

ネット銀行の中には消費者金融業者並みの金利で貸し出ししている銀行もありますが、大手メガバンクを中心とした銀行カードローンであれば金利は確実に年15.0%以下となります。

消費者金融カードローンと比べてわずか3ポイントしか違わないのではないか、それほどメリットではないのではないかと思うかもしれませんね。

でも50万円を利息だけ1年間支払えばその差は歴然と出てきますよ。

・消費者金融カードローン
:支払利息年間9万円

・銀行カードローン
:支払利息7万5,000円

たった1年間の支払いだけで1万5,000円の差額が出てきますね。

あくまでも単純計算ですので必ずしも1万5,000円の差がでるとは言えませんが、金利が安ければ利息は安くなるのは当然のことです。

同じお金を借りるなら利息負担は少ない方が経済的に余裕が出てきますよね。金利のことを考えれば銀行カードローンの方が有利になるのは当然です。

また借入希望金額が50万円を超えたとしても収入証明書を提出する必要がないため、わざわざ源泉徴収票を取得するために市区町村役場に行く必要がないのもメリットです。

銀行によっては300万円までなら収入証明書不要としている銀行もありますよ。

最短即日融資も可能

銀行カードローンの審査は遅いのではないかというイメージを持っている人が少なくないようですが、最近ではそうでもありません。

振込融資であれば平日の12時までに申し込むことで最短でその日のうちにお金を借りることができますよ。

・スルガ銀行
・横浜銀行
・静岡銀行

以上3行以外にも振込による即日融資を可能としている銀行が増えています。

申し込みはもちろんインターネットやスマホからできますので、地元の人以外でも簡単に申し込むことが可能です。

また銀行の中には無人契約機を持っている銀行もあり、土日祝日でも申し込みや即日融資を受けることもできますよ。

三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックは銀行カードローンにしては珍しく無人契約機を持っています。

ただし三菱東京UFJ銀行の無人契約機は比較的大きい都市部にしか置いていないことがあるため、地方都市に住んでいる人には多少申し込みにくさを感じるかもしれません。

しかしインターネットやスマホから申し込むこともできますので、即日融資にこだわらないのであれば地域に関係なく申し込むことができます。

銀行カードローンのデメリット

銀行カードローンのデメリットはやはり審査の難しさでしょう。

確かに銀行カードローンに申し込むにはパート収入やアルバイト収入でも申し込むことができますし、収入のない専業主婦でも総量規制が適用されないために申し込むことができます。

しかし審査は決して甘くはありません。

銀行は返済能力を重点的に考えていますので、すでに他社借入があると年収によっては審査に通らないこともあります。

銀行カードローンに申し込むには他社借入がないのが最も良い方法ですが、他社借入がある場合は、総量規制に相当する金額の半分程度に押さえておくのが無難です。

例えば年収300万円の人なら100万円が総量規制枠となりますね。その中他社借入額を50万円以下にしておくということです。

年収600万円の人なら200万円が総量規制枠ですから他社借入額は100万円以下にいておくことが銀行カードローンの審査に通りやすい条件となります。

もちろん信用情報に何か異常な点があれば審査に通ることはありませんよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。総量規制対象外で年収の3分の1以上キャッシングするには銀行カードローンが手っ取り早いですね。

消費者金融カードローンで総量規制を超えた年収の3分の1以上借りることは決してできないことではありませんが、おまとめローンを除き、除外貸付や例外貸付を採用している業者は多くありません。

大手消費者金融業者になればおまとめローンや事業者貸付以外行っていないのが現状です。

多少審査が厳しくなったとしても、個人が総量規制以上のお金をキャッシングする場合は可能な限り銀行カードローンに申し込んだ方が金利の面でもお得です。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

おすすめ記事

  1. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 複数・・・

このページの先頭へ