フリーローンとは?基礎知識と選び方の注意点

生活費が足りないときに、「ちょっとお金を借りたい」ということはないでしょうか?このときに利用するローンとして、カードローンとフリーローンがあります。

「カードローンはよく聞くけど、フリーローンと何が違う?」と思っている人もいるようです。そこで、フリーローンのポイントを整理しましたので見ていきましょう。

フリーローンの基本

フリーローンについて、一体どのようなものなのかを覚えておくと、お金を借りるときに金融商品を便利に使い分けすることができるでしょう。

そこで、フリーローンの基本的な知識と、カードローンとの違いを最低でも押さえておきましょう。

フリーローンとは

銀行のローンには目的ローンと、多目的ローンがあります。目的ローンは住宅ローンや、マイカーローンなどが代表的です。お金の使い道が決められた用途以外には使うことができません。

その一方で、多目的ローンはお金の使い道が自由なローンをいいます。生活費やレジャー費などに、よく利用されます。代表的なローンがカードローンになります。そして、このフリーローンも多目的ローンの一種です。

ここでひとつ注意点があります。多目的ローンで借りたお金の使い道は自由ですが、万が一ギャンブルなどに使用した場合(投機的なFXや先物、株式なども含む)には、債務整理を行う必要がでてきたときに、借金が免責にならないこともありますので注意をしましょう。

カードローンとの違い

カードローンも多目的ローンの一種です。したがって、金融商品としての使い道は同じになります。しかし、借金をするときの契約方法が異なります。そのため、返済方法や利用方法も異なってきます。

カードローンは当座貸越し契約というもので、フリーローンは証書貸付け契約になります。当座貸越しの場合は、申込時に利用限度額を決めておき、その利用限度額内で反復利用をするものです。

したがって、2回目にお金を借りるときには契約をすることなく。気軽に借りることができます。フリーローンの場合は、契約の段階で借入額、返済期間、返済方法、返済金額などを決めてしまいます。

そのため、再度お金が必要になったときには、新たな契約が必要になるのです。反復利用ができないというのが大きく異なる点です。

関連記事をチェック!

フリーローンとは?カードローンとの違い

自由にお金を使えるローンと言えばカードローンが思い当たりますが、その他に自由にお金が使えるローンとしてはフリーローンという商品もあります。 フリーローンはカードローンよりも利便性は低いものの、何...

b9197dd018d94774705609ddd6866583_t (1)

フリーローンのメリットは?

フリーローンは資金使途(お金の使い道)が何にでも利用可能な、便利なローンです。特に威力を発揮するのが、おまとめローンの代わりとして利用することです。複数のカードローンをまとめるときに、「カードローン」「フリーローン」「おまとめローン」でまとめる方法があります。

多重債務(複数の金融機関からお金を借りて、月々の返済が困難になり生活が困窮すること)に陥った人は、生活を見直すためカードローンでまとめるよりも、フリーローンでまとめるとメリットが大きいときがあります。そこで、フリーローンの何が優れているのかを見ていきましょう。

総量規制の対象外

フリーローンを借りるときには、一般的に銀行から融資を受けることが多いでしょう。銀行から融資を受ける場合は、総量規制とは関係がありません。

銀行以外のカードローンを利用する場合に、年収の3分の1までしか、借入の申込みができないという法的ルールがありますが、銀行の場合はこのルールからは除外されます。

そこで、多重債務になったときには、フリーローンでお金を借りて、既存の借金を返済するということが可能です。借金をまとめることで、返済額が少なくなり月々の支払いが楽になるでしょう。

なお、ネット上では借金をまとめると、返済期間が延びるため総返済額が膨らみ損をするといわれています。しかし、これは、多重債務の状態で遅れなく返済をして、再び借り入れをしないことを前提に話をしています。

カードローンよりも金利が安い

銀行のカードローンは一般的に14.5%前後が最高金利となっています。消費者金融のカードローン、おまとめローンは金利が18.0%となっていることが多いです。フリーローンの場合は、10%を切るどころか、5%前後の金利もあります。

カードローンと比べると実に9.0%以上の差になります。これは、100万円を借りての差になります。とても、大きな差になりますので、手続きが若干カードローンよりも面倒ですが、反復利用を考えていないのであればフリーローンでお金を借りた方がいいでしょう。

関連記事をチェック!

フリーローンの審査基準

「フリーローンとカードローンは違うの?」と思う人もいませんか。どちらもお金の使い道には、決まりはなく生活費や娯楽費でローンを利用できます。 しかし、ふたつのローンには違いがあり、審査基準も若干異...

フリーローンの審査基準

注意しておきたいフリーローンのデメリット

フリーローンのメリットについて話をしました。しかし、デメリットはないのでしょうか。フリーローンも万能ではありませんので、デメリットとして考えられることをあげていきます。

資金使途によって、金融商品は使い分けることが大事になりますのでしっかりと押さえておきましょう。

審査時間が長い

フリーローンはカードローンと異なり、お金を借りる都度に申し込みが必要になります。したがって、お金が必要な場合は1週間程度の審査時間が必要になります。

一方カードローンは、初めの審査がスピード審査の金融機関で30分程度、長いところで1週間程度と期間に幅があります。ただし、カードローンを一度審査に通過すると、利用限度額の範囲であればすぐにお金を借りることができます。

なお、フリーローンにも銀行によっては、当日融資をしてくれるところもありますので、地元の金融機関も含めて色々と比較をしてみましょう。

追加で融資は受けられない

フリーローンは契約当初に決めた金額を借りて、その後は返済だけをしていく商品です。したがって、利用限度額の範囲内であれば、借金と返済を繰り返しできるカードローンと根本的に異なります。

追加で融資を受けるためには、必要金額を再度新規で融資を申し込み、審査を受けて通過する必要があります。

フリーローンはどうやって選ぶ?

フリーローンについての基本的な知識と、注意点について整理をしてきました。今度は、フリーローンをいざ利用するときに、どのようなポイントに着目して金融機関を選ぶといいのか見ていきましょう。

少しでも、お得なところでお金を借りるためにも是非とも押さえておきたいポイントです。

低金利のものを選ぼう

ローンの選択のポイントで重要なものは、何ていっても低金利の金融機関を選ぶことでしょう。銀行によって、金利は様々な設定となっています。

10%台の金利から5%台の金利まで、実に幅広く差があります。カードローンよりも金利は一般的に低いフリーローンの中でも、さらに低金利な商品を選択してください。

繰上げ返済手数料が無料

フリーローンは契約の段階で、返済期限を決めて契約をします。したがって、期間途中の内入(一部繰り上げ返済)や、返済期間途中で全額返済をする繰り上げ返済をすると、一般的には事務取扱手数料が掛かります。

しかし、この事務取扱手数料が無料となっている金融機関もありますので、返済期限よりも早めに借金を完済するつもりがある人は返済手数料が無料である金融機関を調べておくことも大事です。

なお、ネット銀行は繰り上げ手数料が無料となっているところが多く存在します。

申込みの際の条件もチェックしよう

フリーローンは資金使途自由のローンです。したがって、借り換えなどで利用することも可能です。おまとめローンとして利用する場合は、既存の借入をまとめる旨を使えて審査をしてもらうといいでしょう。

そのときに、既存の借入の完済証明書が必要かどうかもしっかりと確認しておきましょう。また、申し込みできる年齢についても、金融機関によって異なります。

10年返済が可能と商品でなっているものの、完済時の年齢が何歳までなのかによって最長借入年数も変わってきます。このような点も確認をしておくことをおすすめします。

申込時の注意点

最後になりますが、フリーローンを申し込みするときの注意点を話します。フリーローンに限らず、ローン全般でいえることになりますが、しっかりと覚えておきましょう。フリーローンの申込時に注意をすることは、次のふたつのことは気をつけてください。

・嘘をつかない
・キャッシング、クレジットは整理をしておく

上記のものは、ローン申込の基本的なことになります。嘘をつかないことはとても重要なことですが、申込のときに自分をよく見せよく見せようとして、勤務先情報や借入情報に偽りを「記入」「入力」する人がいます。

しかし、嘘をつくことは何のメリットもありません。逆にデメリットだけでしょう。審査では必ず個人信用情報を確認されます。そこには、勤務先や借入情報が登録されていますので、嘘をついてもすぐに金融機関では分かります。

嘘が発覚した段階で、審査が中止されますので注意をしましょう。また、利用しないカードローンやクレジットカードは、整理をしておくことをおすすめします。

利用しなくても利用限度額まではお金を借りられる状態になっていますので、審査時には借金として見られることもあります。したがって、不必要なカード類は常に整理をしておきましょう。

まとめ

フリーローンはカードローンの利便性を悪くして、計画的に返済ができるようにした商品ととらえてください。借りすぎ防止をするためにも、カードローンよりも優れているでしょう。

また、フリーローンは反復利用ができない商品のため、カードローンよりも審査の審査がしやすいことがあります。自分に合ったローンが何か的確に判断をして、フリーローンを上手に利用しましょう。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
プロミスレディース
新生銀行カードローン レイク
みずほ銀行

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

おすすめ記事

  1. keimusyo_menkai

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. matome

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  5. 118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_t

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能