低金利でお金を借りたい

お金を借りる場合、どうせなら低金利で借りたいと思うのは当然のことです。

そこで今回は、低金利でお金を借りられる方法を紹介していきます。できるだけお得に借り入れを行える方法をぜひ知っておいてください。

カードローンは銀行・信金を選ぼう!

借り入れを行う際の代表的な方法としてはカードローンがありますが、カードローンは銀行・消費者金融・信用金庫など色々な金融機関が取り扱っています。

金融商品としての性能はどこが取り扱っているカードローンでもほぼ同じですが、できるだけ低金利で借り入れたいというのであれば、銀行や信金が取り扱っているカードローンを利用するのがオススメです。

消費者金融のカードローンの場合は、上限金利である18.0%(100万円以上の借り入れの場合は15.0%)近い金利設定が適用されることが多いですが、銀行や信金のカードローンであれば10%台前半や1ケタの金利で利用できることも珍しくありません。

口座を開設しているなど既に何らかの取引がある銀行・信金であれば、審査面で優遇されやすいのもポイントです。

消費者金融なら無利息期間を活用

適用金利の点で銀行・信金に水をあけられてしまった形の消費者金融ですが、消費者金融には消費者金融の良さがあります。

それは、銀行・信金のカードローンにはほぼない無利息期間の存在です。

初回契約の方限定の場合が多いですが、初回契約日(もしくは初回利用日)の翌日から30日以内であれば無利息で利用することが可能なので、短期間で返済できるメドがあるのであれば消費者金融のカードローンを利用するというのも選択肢の1つになり得ます。

取り扱っているのはほとんどの場合大手の消費者金融になるので、無利息期間を利用したければ大手を中心に借入先を検討するのがいいでしょう。

低金利ならフリーローンが狙い目!

カードローン以外の方法で低金利で借り入れを行いたいのであれば、フリーローンを利用するのがオススメです。

フリーローンはカードローンと同様に資金使途自由のローンですが、カードローンが限度額の範囲内で自由に借り入れ・返済を行えるのに対して、フリーローンは最初にまとめて借り入れを行ってあとは返済を行うだけ、という違いがあります。

そしてフリーローンの設定金利は、総じてカードローンよりも低くなっている場合が多いのです。

具体例として、三井住友銀行で取り扱っているカードローンとフリーローンの金利を比較してみましょう。

100万円以下の借り入れの場合、カードローンの適用金利が12.0%~14.5%なのに対して、フリーローンの適用金利は5.975%となっています。

フリーローンの金利は三井住友銀行所定の短期プライムレートに応じて変動しますが、それでも10%に達することはほぼあり得ません。

このように、フリーローンを利用すれば、カードローンよりもお得な金利で借り入れを行うことが可能です。

資金使途が明確なら目的別ローン

お金を借りる目的がハッキリとしているのであれば、その目的に応じた目的別ローンを利用することでフリーローンよりもさらに低い金利で借り入れを行うことができます。

先ほどと同じ様に、三井住友銀行が取り扱っているローンで比較してみましょう。

自動車の購入等が目的であれば金利4.475%のマイカーローン、住宅のリフォームが目的なのであれば金利4.975%のリフォームローン、子供の学校の授業料等が目的なのであれば金利3.475%(有担保型であれば2.975%)の教育ローンを利用することで、今まで紹介してきたどの方法よりも低金利でお金を借り入れることが可能です。

もちろん利用を検討している銀行や信金で、目的に沿ったローンを取り扱っていることが条件とはなりますが、うまく利用することができれば返済もグッと楽になります。

借り換え・おまとめローンも有効活用

新たに借り入れを行うのではなく、既存の借金にかかる金利をより低くしたいというのであれば、借り換えやおまとめローンを有効活用するのも効果的な方法です。

一般的に借り入れる金額が大きくなればなるほど、適用される金利は低くなっていきます。

ですから同じ金額を借り入れる場合でも複数の銀行や消費者金融から少しずつ借り入れるよりも、1つの借入先でまとめて借り入れてしまったほうが、金利は低くなることが多いのです。

例えば、150万円を借り入れる場合を考えてみましょう。50万円ずつ3社の消費者金融から借り入れる場合だと、上限金利は18.0%ですが、150万円を1社で借り入れる場合の上限金利は15.0%となります。

もちろん利用する業者によって厳密な金利は変わってきますが、債務は分散するよりも集中させたほうが金利が低くなるということはお分かりいただけたのではないでしょうか。現在の借金が2社以上に分散している方は、1社にまとめて借り換えたりおまとめローンの利用を検討してみるのも賢明な方法です。

意外と知らない公的機関での借り入れ

ここまでは融資を営利目的で行っている業者等から借り入れることを中心に説明してきましたが、状況によっては公的機関から借り入れを行える場合もあります。

しかも公的機関での借り入れなので、適用金利は非常に低くなっているケースが多いのです。具体的にいくつかの例を説明していきましょう。

緊急小口資金貸付

緊急かつ一時的に生計維持が困難な状況であり返済の見通しが立つ場合であれば、連帯保証人不要で、10万円を無利子で融資してもらうことができます。

ただし、生計維持が困難な状況に陥った理由が、社会福祉協議会が定めた理由に該当していないと利用することができない点には注意が必要です。

求職者支援資金融資

ハローワークで職業訓練を行っていれば、職業訓練受講給付金だけでは生活ができない場合に融資を受けられることがあります。

配偶者の有無等により融資金額の上限は異なりますが、5万円または10万円を上限とする融資を受けることが可能です。ただしこちらもハローワークで受給が適当と認められない限りは受給することができません。

その他にはこんな方法も!

最後はここまでで紹介していない方法をまとめて紹介していきます。

契約者貸付制度

生命保険を担保にお金を借りることができる制度です。カードローンやフリーローンと比較すると、かなり低い金利で借り入れを行うことができます。

返済するタイミングも決められた期間内であれば自分の任意のタイミングでいいので、家計への負担が少ないのもオススメできるポイントです。

ただし、制度の利用を申請してから実際に借り入れを行えるまでには少し時間がかかるということは念頭に置いておきましょう。

給料の前借り

これは「借りる」というよりは、将来に増えるべき自分の資産を早めに受け取っているだけなのですが、感覚としては借りるという行為に近いでしょう。

将来の自分からの借金、という感覚ですね。前借りのいいところは返済をする必要がないということです。

ただし、将来に入るべきお金を早めにもらっているだけなので、計画的に利用していかないとまた次の給料日直前でお財布事情が厳しくなるのは目に見えています。

普段以上に財布の紐を固くする必要があります。

友人・知人から借りる

最後は友人・知人から借りるという方法です。低金利というのであればこれに勝る方法はないかもしれません。

さすがに借りたお金をそのまま返すというのでは相手に悪いと思いますので、借りたお金に少し色を付ける程度のことは必要かもしれませんが、実質的な金利で換算すれば最も低金利で借り入れを行える方法だと言えます。

まとめ

以上、低金利でお金を借りるための方法でした。既に知っている方法から、知らなかった方法や盲点だったということなど色々あったと思います。

選択肢は色々とあったほうが、いざという時には臨機応変に対応できると思いますので、今回紹介した方法をぜひ参考にしてみてくださいね。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

おすすめ記事

  1. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 複数・・・

このページの先頭へ