無利息キャッシングに違いがあることご存知ですか?

無利息キャッシングを導入しているのは消費者金融業者や銀行などのカードローンです。一定期間利息がかからずお得です。

しかし無利息サービスの内容には業者によって多少異なる部分があります。それを知らないと十分にサービスを受けることができませんよ。

無利息キャッシングとは

TSUCH160130520I9A6560_TP_V

無利息キャッシングとは業者が定めた一定期間のみ利息がかからない無利息サービスのことを言います。

インターネットの公式サイトを見ると「30日間無利息サービス」などのキャッチコピーを見つけることができますね。

サービス期間内にお金を借りて、期間内に一括で返済してしまえば、全く利息がかかることがなくお金を借りることができるお得なシステムです。

期間中であれば何度でも利用することができ、例えば5万円を借りて1週間後に返済する。また翌日に10万円を借りて2週間後に返済する、のように複数回の借り入れをしても利息はかかりません。

本来ならばお金を借りた翌日から利息が発生するのが普通です。

しかし消費者金融カードローンや銀行カードローンの一部では、利息がかからない無利息期間サービスを行なっているのですから、これを利用しない手はありませんね。

同じ無利息期間サービスでも内容をよく調べると、業者によってちょっと違った部分が見えてきます。それを知っておかないと十分にサービスを活かすことができませんよ。

無利息期間を上手に利用することで、比較的金利の低い銀行カードローンよりも低金利でお金を借りることもできますし、 条件によっては永遠に利息を支払うことなくお金を借りることも可能です。

無利息キャッシングを行っている代表的な業者を具体例に挙げながら、無利息期間サービスの違いやお得な利用方法などをご紹介していきます。

初回限定サービスとなることが多い

PASONAZ160306170I9A2357_TP_V (1)

ほとんどの業者は初めてカードローン会員になる人を前提として無利息期間サービスを提供しています。

すでに会員になっている人や、過去に利用した経験のある人はサービスの提供を受けることができません。あくまでも初回限定ということです。

しかもサービスを受けることができるのは1回のみで、お金を借りる度に30日間無利息サービスを受けることはできません。

過去にカードローンを利用したことがある人が無利息サービスを受けるためには、他社へ申し込みをしなければサービスを享受することができませんので、くれぐれもご注意ください。

なお一部の業者では何度でも繰り返し無利息サービスを実施しているところもあります。

他にもカードローンにポイント制度を設け、そのポイントを貯めることで無利息期間と交換できる業者もあります。

サービス内容をよく確認しないとお得に利用することができません。

単に借り入れするまでの時間が早いから、という理由だけでは今後利用するにあたって「損したな」と感じることも出てきますよ。

無利息期間になる日数

204cafd024a63efc2ac66e7f894f9e1f_s

無利息期間になる日数は30日間と定めている業者が多いですね。

中にはレイクのように30日間無利息サービスと並行して、5万円以内の借入であれば最大で180日間無利息となるサービスのどちらかを選択する方法や、ノーローンのように何度でも7日間無利息サービスとしている業者もあります。

ここで確認しなければならないのは、同じ30日間無利息サービスだとしても「いつから」無利息となるのか業者によって異なることです。

30日間という期間は同じなのに何が違うの?と疑問に思う人も多いでしょう。順を追ってご説明していきます。

関連記事をチェック!

30日間無利息サービスでお得に借り入れ

金融機関からお金を借りると利息が発生します。 今回は30日間無利息サービスによって利息をお得に利用する方法を紹介します。 30日間無利息サービスなら金利0% 商品によって異なりますが、カード...

TRTM9726_TP_V

主な業者の無利息期間サービス内容

主な無利息期間サービスを行っている業者を比較してみましょう。

・アコム
:カードローン会員になった翌日から30日間

・アイフル
:カードローン会員になった翌日から30日間

・プロミス
:初回借入の翌日から30日間
※ポイントによって無利息期間と交換できる

・ノーローン
:カードローン会員になった翌日から7日間
※ただしサービス回数は完済後無期限

・新生銀行カードローン・レイク
:カードローン会員になった翌日から30日間または5万円までの金額は最大180日間

・ジャパンネット銀行
:カードローン会員になった翌日から30日間

一見すると何がどう違うのか見逃してしまいがちになりますが、無利息期間の開始する日にちが微妙に違っていますよ。

いつから無利息になるのか

8a5e58d3fc326047edc878e3152cce8f_s

無利息期間がカウントされるのはいつからなのかを知っておく必要があります。

・会員になった翌日から無利息
・初回借入れ翌日から無利息

以上の違いは結構大きいものです。

会員になった翌日から無利息というのでは、カードローン会員になってもすぐにお金を借りなければ無利息期間は日ごとに減っていってしまいます。

無利息期間が30日だとしても、会員になってから5日後にキャッシングすれば無利息期間は25日です。これではちょっと損した気分ですよね 。

しかし初回借入れ翌日から無利息期間が適用されるのであれば、確実に30日間無利息サービスを利用することができます。

お金は今すぐ必要ではないが、急に必要になったときのためにカードローンを1枚作っておこう、と言うのであればプロミスの初回借り入れから無利息となるサービスの方がお得です。

無利息サービス期間中も返済は必要

YUKA862_megane15205354_TP_V

注意しなければならないのは、無利息期間サービス中に返済期日がやってきた場合でも、きちんと返済しなければならないということです。

例えば5月1日にカードローン会員になり、すぐ10万円お金を借りたとします。そうすればノーローン以外であれば5月31日までが無利息期間となります。

しかし給料日に合わせて返済期日を20日に設定したとなると、5月20日には業者が設定する最低返済額以上を入金しなければなりません。

返済に遅れてしまえば、無利息期間を十分活かすことが出来ずに途中で打ち切りとなってしまいます。

そればかりか返済期日に間に合わないことにより滞納となります。滞納期間の分だけ延滞金を支払わなければならないことにもなってしまいます。

5月31日までは無利息だから、例え返済期日がやってきたとしても返済しなくてもいいということはありませんので気をつけたいですね。

無利息期間を十分に利用するためには、上記の例で言えば返済期日を6月1日にすれば問題はありません。なお無利息期間中に返済した分については全て元金に充当されます。

無利息期間と金利の意外な結果

TSUCH160130520I9A6560_TP_V

具体例で取り上げた業者の貸付金利は、借入金額が100万円未満であればプロミスが年17.8%になっている他は年18.0%に設定されています。

銀行カードローンに比べてちょっと高いよね、そのイメージが強いですが利用の方法によっては消費者金融カードローンの方が金利は安いということもありますよ。

金利負担計算例1

例えば30万円を金利年18.0%で借り2カ月で一括返済することを前提として計算してみましょう。1カ月は30日とし銀行カードローンの金利は年14.6%とします。

◆消費者金融カードローン
・1カ月目の利息0円
・2カ月目の利息4,438円

◆銀行カードローン
・1カ月目の利息3,600円
・2カ月目の利息3,600円
この計算は元金充当分を入れていませんので単純に利息のみで比較してみました。

結果銀行カードローンの支払利息は7,200円なのに対し、消費者金融カードローンは4,438円で済みます。

単純に計算すれば消費者金融カードローンの金利は年利9.0%になりますね。銀行カードローン金利よりも安いことがわかります。

金利負担計算例2

今度は3カ月で返済することを考えてみます。

◆消費者金融カードローン
・1カ月目の利息0円
・2カ月目の利息4,438円
・3カ月目の利息4,438円

◆銀行カードローン
・1カ月目の利息3,600円
・2カ月目の利息3,600円
・3カ月目の利息3,600円
負担しなければならない利息は消費者金融カードローンなら8,876円、銀行カードローンは1万800円とやはり消費者金融カードローンの方が利息負担額は少ないです。

また金利の比較では消費者金融カードローンは金利年12.0%ですから、この時点でも銀行カードローンよりも安いことがお分かりになるでしょう。

臨時収入が入ることがあらかじめわかっていて比較的短期間で返済することが可能であれば、銀行カードローンを利用してお金を借りるよりは消費者金融カードローンを利用して、かつ無利息期間を使うことで金利負担を抑えることができるのです。

関連記事をチェック!

簡単な借入金額の利息計算方法

お金を借りてもいくらの利息を支払うのか分からないのでは計画も何も建てることはできません。計算は難しいという固定観念です。 しかし利息がいくらになるのか計算する方法はそれほど難しいことではありませ...

簡単な借入金額の利息計算方法

無利息キャッシングの上手な利用法

8a5e58d3fc326047edc878e3152cce8f_s

前項でご説明したように、銀行カードローンの金利が低いというのは必ずしもメリットとはならない場合もあるわけです。

無利息期間中のうちに一括返済する予定があるのであれば、消費者金融カードローンの金利はゼロです。

短期間で返済する予定があるのであれば必ずしも銀行カードローンの方が有利となるということはありません。

今日中にどうしてもお金が必要という緊急事態であれば消費者金融カードローンに申し込むことで即日融資を受けることも十分できるのです。

新生銀行カードローン・レイクの無利息サービスは2通りあり、30日間無利息サービスとすることと、5万円までの借入金の利息を最大180日間無利息とするサービスのどちらか一方を選ぶことができます。

30日以内に返済することができないとしても、180日以内なら返済できると言うならたとえ金利が年18.0%だとしても、比較的金利の低い銀行カードローンに比べても全く遜色がありません。

レイク金利負担計算例

極端な計算とはなりますが、レイクで10万円を借りて3カ月で返済できるとすれば、利息負担や金利の関係は次のようになります。なお1カ月を30日とすること、元金充当分は計算に入れないとして計算します。

◆新生銀行カードローン・レイク
5万円までの借入金については金利がかかりませんので、3カ月利用したとしても負担しなければならない利息は10万円-5万円=5万円分のみです。

・3カ月間の利息負担
: 2,219円

◆銀行カードローン
・3カ月間の利息負担
:3,600円

レイクの金利が年18.0%でも、負担しなければならない利息は金利の低い銀行カードローンに比べても少なくて済みますね。なお3カ月のレイクの金利は年換算で9.0%です。

最大180日間利用したとしても、レイクが負担しなければならない利息は4,438円なのに対し、銀行カードローンは7,200円の利息負担です。

利用の方法によっては一概に金利の低い銀行カードローンを選択したほうがいいということにはなりません。

関連記事をチェック!

新生銀行カードローン「レイク」の借入方法・返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は新生銀行カードローン「レイク」について説明したいと思います。 ▼無利息ならレイク。パート、バイトも可▼ 新生銀行カードローン「レイク」について 新...

1

プロミスはポイントを無利息期間にあてることができる

大手消費者金融業者の無利息期間サービスは初回限定で、なおかつ1回のみのサービスとなることが多いです。

しかしプロミスはポイントを貯めることにより無利息期間を交換することができるため、過去にプロミスを利用した会員でも無利息期間を利用することが可能です。

それもポイントと交換することで何度でも利用することができますよ。

ポイント加算は年に1回収入証明を提出することや会員サイトへのログイン、プロミスからのお知らせのメール受信などで比較的簡単に貯めることができます。まるでクレジットカードのポイントのようですね。

関連記事をチェック!

プロミスの借入方法・返済方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はプロミスについて説明したいと思います。 ▼郵送物なし!Web完結で内緒に借りたい方は▼ プロミスについて プロミスは、三井住友フィナンシャルグルー...

ダウンロード (11)

ノーローンなら何度でも無利息

ノーローンの無利息サービスは7日間と、他社に比べると短期間になっています。しかしノーローンの最大の特徴は、完済してしまえば何度でも7日間無利息サービスを受けることができるところにあります。

給料前にどうしても5万円足りない。

給料までにはまだ5日ほどあるというケースであれば、ノーローンを利用することで永久的に利息を支払うことなくお金を借りることもできなくはありません。

給料が入って5万円を一括で返済する。翌月もどうしても5万円足りなくて借入し、7日間以内に一括で返済すればやはり利息はかかりません。

このようなサービスは銀行カードローンでは決して真似ができないですね。

関連記事をチェック!

ノーローンの借入方法

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はノーローンについて説明したいと思います。 ▲当サイトで1番人気はやっぱり▲ ノーローンについて ※ノーローン公式WEBサイトより引用 ...

1

なぜ無利息サービスを設置するのか

9cbc1d55271467aaed49185b37aa57f5_s

カードローン会員が支払う利息によって営業収益を生み出すはずの消費者金融カードローンが、どうして損をしてまで無利息期間を設置するのか不思議ですね。

無利息サービスを設置することで、より多くの顧客を獲得することが目的としているからです。

少しでも経済的負担を軽くしたいと考えるのがカードローン利用者ですから、無利息期間をあえて提供することにより将来にわたって利用してくれる顧客を取り込みやすいのです。

目先の損得勘定というよりも、長期的な展望に立って戦略的に経営していくには必要な手段と考えているのでしょう。

またカードローン利用者にとっても返済の仕方や、利用方法などライフスタイルに合っているかどうか確認するための期間ともなりますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は消費者金融カードローンや銀行カードローンの一部が提供している無利息サービスについてご説明しました。

無利息キャッシングと言ってもいつから無利息となるのか知っておく必要があります。

カードローンの会員になってもすぐにお金が必要というのでなければ、無駄に無利息期間を消費してしまうだけです。

念のためにカードローンを1枚作っておくと言うのであれば、会員になった翌日から無利息期間のカウントが始まる業者は利用者にとって不利ですね。

その点初回借り入れの日から無利息期間がカウントされるのであれば、まるごと無利息サービスを受けることができます。

また無利息期間についても業者によって特徴がありますので、カードローンの利用方法によって業者を選択するということも重要ですね。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
プロミスレディース
新生銀行カードローン レイク
みずほ銀行

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

おすすめ記事

  1. keimusyo_menkai

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. matome

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  5. 118950e4161e7673fa84cfd2e22bcf2e_t

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能