他社借入件数が4件以上でもキャッシングは可能?

他社借入件数が4社ある。債務不履行一歩手前ではないですか?急にお金が必要になったら5社目に申し込むのは危険です。

借金を借金して返すことくらい無駄なことはありません。借金は一向に減らず永遠に借金地獄から抜け出すことはできません。早急な対策が必要です。

借入件数が4社あると借りれない?

他社借入件数が4社ありさらに5社目への契約はできるのか、インターネット検索しているといろんな情報がありますね。

・他社借入件数は3社まで

いったいどこから以上のような他社借入件数が出てきたのかわかりませんが、カードローン契約において他社借入件数を制限することは法律上何も規定がありません。

貸金業法にも融資する場合は返済能力を確認することや、過剰貸付にならないかどうか確認することが業者に定められています。

結論を言えば他社借入件数が4社あることも、5社目と契約することも一定の条件さえクリアしていれば何の問題もありません。

ではその一定の条件とは何なのでしょうか。次項でご説明しましょう。

関連記事をチェック!

他社借入件数とは

消費者金融カードローンに申し込むときに考えてしまうのが、他社の借入件数をどこまで書けばいいのか、審査に影響しないのか、ですよね。 そもそも他社借入には何が含まれるのか 他社借入は審査に...

e593d0108972c8afca2146c1f240ae33_s

借入件数ではなく総量規制が重要

消費者金融カードローンは総量規制対象の貸付となります。総量規制とは個人が借りることができる総借金額の合計金額が年収の1/3までと制限したものです。

この制限は貸金業者に対する制限であって、個人が借りることができる上限額を保証しているものではありません。

したがって年収が300万円なら総量規制額は100万円となりますね。それなら例えばカードローンの契約が1社あたり30万円の上限額であるならば、3社と契約しても総量規制枠は10万円残るはずです。

ではその10万円の総量規制枠を4社目に対して申し込んだとして、果たして審査に通るでしょうか?

貸金業法に則り返済能力が十分あると判断できれば、4社目の業者は総量規制枠10万円を契約する場合もないとは言えません。

関連記事をチェック!

総量規制とは

貸金業法における総量規制とは 総量規制についてご存知でしょうか。まあなんとなく知っている、だいたい知っているという方が多いと思います。 総量規制について知っておくことはカードローンの契約、クレ...

bc1979a3905fb456dbf0d01c6cf8a85c_t

関連記事をチェック!

年収3分の1とは?総量規制の計算方法

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に必ず聞くのが、総量規制という言葉。 2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された法律です。借入者の自殺者増加を防ぐため...

%e6%ba%90%e6%b3%89%e5%be%b4%e5%8f%8e%e7%a5%a8

総量規制と他社借入件数の関係

極端な例を挙げれば年収が1000万あり、1社あたりのカードローンの利用限度額が30万円なら4社契約しても借金の合計額は120万円です。

どうしても後30万円借りたいとなったとき、総量規制枠は約330万円ですから、4社目と契約することは決して難しい話ではありませんね。

まして5社目の契約となったとしても、総量規制の枠を越えなければ契約が出来ないということはありえません。

それならどうして4社目までしかカードローン契約が出来ないのか、または3社までしかカードローン契約が出来ないのかと言う噂が立ったのか、それはサラリーマンの平均年収を見ればおおよそ見当をつけることができます。

男性のみで平均年収を出すのか、それとも女性を含めて平均年収を出すのかで金額が大きく違ってきます。ここでは大雑把に平均年収を400万円から500万円と幅を持たせて考えてみます。

借入件数が3社や4社と言われる理由

消費者金融カードローンの利用限度額は、新規申し込みの場合30万円から50万円の間となることが一般的です。仮に利用限度額50万円として考えてみましょう。

利用限度額50万円で3社から借入すれば借金の総額は150万円です。総量規制枠内で150万円を借りるには年収が450万円必要ですね。

450万円の年収はサラリーマンの平均年収と合致しますね。

この年収ではもう4社目へ申し込んだとしても、総量規制を超えてしまうため審査に通ることはありません。

では利用限度額を30万円として同じように計算してみると、4社から借入を起こしていれば借金の総額は120万円です。

120万円を総量規制枠内で借りるには年収360万円が必要です。4社目で利用限度額を使い切ってしまい5社目へ申し込むとなると、年収が450万円であれば後30万円契約することが可能です。

もし年収が450万円ないとすると、カードローンの他社借入件数を5件とするには総量規制を超えてしまい、ここで初めて4社以上の借り入れはできないということがわかります。

関連記事をチェック!

消費者金融の他社借入状況の嘘は基本バレる。しかし抜け道も.

カードローンを申し込む際、他社からの借入状況を申告する必要があります。残念ながら他社借入の嘘は必ずバレます。 なぜ他社借入の嘘がバレるのか、また、バレた時のペナルティを説明していきます。 他社...

aaaaa

借入件数4社は銀行も契約できない

銀行カードローンは総量規制の対象ではないため年収の1/3という制限がありません。

では他社借入件数が4社ある状態で銀行カードローンに申し込んでも審査に通るのでしょうか。

平均年収から考えれば前項でご説明したように、カードローンの利用限度額が50万円なら3社まで、利用限度額が30万円なら4社までであることが返済能力という観点からすれば限界だと考えることができます。

おまとめローンで借金を完済する

他社借入件数が4社あると返済日が月に4回あり、それぞれ返済していくのは大変厳しいですね。

利用者によってはB社の返済をA社から借りて行うことを繰り返している場合も多いのではないでしょうか。

それでは一向に借金を減らすことできませんね。

そこで最近よく取り上げられるのが借金を一本化する「おまとめローン」です。複数ある借金を一本化することで返済日を月に一回、返済額も多少を少なくすることができる可能性があります。

借入件数4社は条件が不利かも

おまとめローンを契約するには銀行カードローンを利用して「借り換え」することで他社へ返済する方法が効果的です。

しかしここで考えなければならないのは、複数ある借金の額が150万円くらいになると、平均年収450万円あったとしても審査に通ることは厳しくなる可能性があることです。

借入件数が4社あったとしても、利用残高の減り方が確実に減っているのであれば多少審査に通りやすくなります。

しかし借金返済を回しながら返済を行っている状態、つまり利用限度額の天井張り付き状態になっていると結局は利息のみ返済していることになりますね。

銀行にとっても返済能力の点を疑わざるを得ません。審査に通ることはかなり厳しくなります。

関連記事をチェック!

おまとめローンで複数ローンをまとめて完済する

おまとめローンは複数借金を抱えている人にとって魅力的な商品に見えます。複数借金を一本化すれば借金を完済できる。 しかし正しく内容理解しないとおまとめローンを契約したのに借金が増えてしまうことも出...

PAK74_ookawagomennasai1209_TP_V (1)

関連記事をチェック!

借金返済が苦しい!おまとめローンで金利を抑えよう

カードローンは借入本数が多ければ多いほど毎月の返済金額が多くなる傾向にあります。 そのような時におまとめローンを利用すれば、毎月の返済額が少なくなる場合もありますし、何よりも1本あたりの借入額の...

5d68bae0fc3bf0ee01ca55dda91feff0_t

借入件数4社なら債務整理する

借金の額にもよりますが1社あたりのカードローン利用限度額が50万円で、それも天井張り付き、借金合計が200万円になると、おまとめローンを組んだとしても返済していくことは難しいですよね。

おまとめローンを組むと利息だけ返済ということはできませんし、他社から借りて返済することもできません。確実に決められた金額を返済しなければたちまち支払不能に陥ってしまうことが起きてしまいます。

無理な返済計画はどの道、信用情報にキズをつける原因になります。それくらいなら無理をせずに借金を返していけるよう債務整理を選ぶ方法もありますね。

アナタにこれといった財産がないのであれば。自己破産して借金を全てチャラにすることも可能です。

確かに信用情報にはキズはついてしまいますが、自己破産したとしてもおよそ10年でその情報は削除されることになっています。

関連記事をチェック!

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理とは、消費者金融業者(いわゆる「サラ金」)や信販会社(クレジットカードのショッピングやキャッシングなど)に対する借金を整理することです。 この借金の整理には、法的整理と私的整理の2種類が...

a37105969d2004d1e16b7716eb2f46de_t

関連記事をチェック!

おまとめローンと債務整理、アナタに向いているのはどっち?

おまとめローンにするか債務整理をするか。借金に困っている人にとってどちらを選択すればいいのか迷ってしまいます。 それぞれのメリットやデメリットにどのようなものがあるのか知っておかなければ選びよう...

ffd07fd7fb9e33595d4cab123a9f6890_s

まとめ

いかがでしたでしょうか借り入れ件数が4社ある場合はどうすればいいのか簡単にご説明してみました。

信用情報をキズつけないからおまとめローンを申し込む、というのも悪くはありませんが、審査に通らないことにはどうしようもありませんよ。

おまとめローンの審査は通常のカードローン審査よりもより深く調査されることになります。最初から多額の利用限度額を与えるわけですから当然ですね。

債務整理も決して悪い方法ではありません。おまとめローン組んで延滞するくらいなら債務整理して借金額を減らし、ラクに返済していくことの方が良い場合もあります。

関連記事をチェック!

急な借り入れ?即日どうしてもお金借りたいときの対策

どうしてもお金借りたいときってありますよね。理由はともかく今日、明日中にはなんとかお金を工面しなければならない。 そんな切羽詰まった状況になったらどうすればいいのでしょうか。できるだけ安心して借...

PAK_OO0I9A4245_TP_V (1)