銀行カードローンは主婦に優しい低金利!

急にお金が必要になったとき銀行カードローンは主婦に優しい低金利となっています。家計を預かる主婦には助かりますね。

ひと口に主婦と言っても収入のある主婦と収入のない専業主婦に分けることができます。銀行カードローンは収入がなくても契約できるのか心配です。

主婦が借りれるカードローンは?

そもそも主婦はカードローン契約をすることができるのかという心配はする必要ありません。

申込者が主婦だからといって特別審査が厳しくなることはなく、申込者の信用情報が悪くない限りカードローン審査に落ちてしまうということはありません。

  • 主婦はカードローンに申し込むことができない
  • 申し込んでも審査に通ることはない

以上の心配はまったく不要です。カードローン業界は男女差別もなく、分け隔てのない客観的な信用情報による審査によって契約ができるかどうかが決まるのです。

年齢が20歳以上であれば基本的にカードローン契約をすることが可能ですが、どうしても譲れない条件として「収入」があります。

主婦でも収入のあるパート主婦と収入のない専業主婦に分けることができますね。とくに収入のない専業主婦はカードローン契約をする場合に注意が必要です。

関連記事をチェック!

主婦や専業主婦でも借入したい

パート収入のある主婦や専業主婦の方も、急にお金が必要になる時ってありますよね。 旦那さんから家計を預かっている責任上、「今月お金が足りないわ」とはなかなか言い出せないことも多いでしょう。たとえ相...

主婦や専業主婦でも借入したい

収入のある主婦なら業者を選ばない

収入があるパート主婦であれば、サラリーマンがカードローンに申し込むと同じように消費者金融業者へ申し込むことも銀行のカードローンに申し込むことも可能です。

前項でご説明してあるようにカードローン業界には申込者を区別するようなシステムにはなっていません。

あくまでも信用情報を客観的に審査し決定します。逆から言えば主婦だから審査に甘いということはありませんし、女性だからといって特別扱いされることもありませんよ。

パート主婦は業者を選ばすカードローン契約をすることができますが、借り入れできる金額は業種によって多少異なり主に以下のようになります。

  • 消費者金融業者の借入は年収の1/3まで
  • 銀行は年収の1/3以上借りることが可能

消費者金融業者が貸し出すことのできる金額を年収の1/3までとしているのは、総量規制が適用されるからです。例えば年収が100万円くらいであればカードローンの利用限度額は30万円程度となるでしょう。

それなら銀行はどうなの?

銀行は総量規制が適用されませんので、年収の1/3までしか貸すことができない制限はありません。銀行の審査によって年収の1/2程度まで借りることも難しくありません。

しかし返済能力という観点から考えると、年収100万円くらいだと他によほど条件が良いがない限り50万円を借りることは難しいでしょう。

家計を支えている収入が、パート主婦の収入ではなく配偶者の収入によって支えられているのであれば、あるいは年収の1/2程度つまり50万円くらいまでなら利用限度額が与えられるかもしれませんね。

パート主婦がカードローン契約をする利用限度額は、消費者金融業者も銀行も総量規制の額となることが一般的です。

業者を選ぶことなくカードローン契約はできるものの利用できる限度額はさほど変わりがないようですね。

関連記事をチェック!

主婦パートでも借り入れできる

家計を預かっている身からすれば、急な出費でお金が足りなくなる月もあるでしょう。 そんなときにカードローンの契約ができれば、家計を切り盛りすることもラクになります。 夫に「もう少し生活費を入れて...

主婦パートでも借り入れできる

関連記事をチェック!

消費者金融の借金は総量規制で年収の3分の1までしかできない?

金融機関から借金をするときは、金融機関が判断する貸付金額の他にも法律によって規制がかかることがあります。 これは貸金業法という法律の中の総量規制によるものです。 法律によって借入が規制され...

消費者金融の借金は総量規制で年収の3分の1までしかできない?

専業主婦は銀行カードローン

収入のない専業主婦がカードローン契約を結ぶには消費者金融業者を選んだとしても申し込みの段階ではねられてしまうことになります。

それはやはり総量規制の問題です。総量規制は年収に対して計算しますので、収入のない専業主婦は総量規制枠を計算することができません。

確かに総量規制には例外貸付を設置してあるものの、利用している消費者金融業者は大変少なく、事実上意味のない例外規定と言えそうです。その例外規定とは配偶者貸付制度です。

配偶者貸付制度を利用することで収入のない専業主婦でも消費者金融と契約することが可能となります。

制度の特徴は夫婦の年収を合算でき、合算した年収を総量規制の計算基できることにあります。つまり収入のない専業主婦でも夫の年収を総量規制の計算基とできるわけです。

しかしながら配偶者貸付制度は専業主婦の連帯保証人になる定めがありません。

収入のない専業主婦にお金を貸し付けしても不良債権化した場合、夫に対して請求することができないのです。消費者金融にとってはリスクの大きい貸付となりますね。

専業主婦はどこでカードローン契約すればいいの?カードローン契約が出来ないのが総量規制なのですから、規制を受けない貸付を行うことができる銀行なら、収入のない専業主婦でもカードローン契約が可能です。

条件はただひとつ。

・配偶者に安定継続した収入があること

もちろん申込者の信用情が良くないとカード審査に通ることはできません。

しかし配偶者に安定継続した収入があり、申込者の信用情報に問題がなければ銀行によって差があるものの最高利用限度額は50万円、一般的には30万円が最高利用限度額として与えられます。

関連記事をチェック!

専業主婦は銀行系カードローンのみキャッシング可能

銀行ローンは総量規制の対象外 キャッシングの商品を取り扱っている機関は、銀行・信用金庫・消費者金融などがあります。金融機関によって商品内容も様々であるため、目的や希望に合った商品を利用することが重要...

専業主婦は銀行系カードローンのみキャッシング可能

関連記事をチェック!

配偶者貸付で専業主婦も消費者金融カードローン契約可能!

配偶者貸付を利用すれば収入のない専業主婦でも、消費者金融カードローンに契約できることをご存知でしょうか。 配偶者貸付とはいったい何のこと?という人のために今回は配偶者貸付についてどのようなメリッ...

配偶者貸付で専業主婦も消費者金融カードローン契約可能!

主婦ならカードローンを比較したい

今までのご説明でパート主婦も専業主婦もカードローン契約をすることができることがおわかりいただけたと思います。では消費者金融と銀行とどちらがお得なのか比較したいですね。

借りることができる金額がほぼ同じなら、なるべくお得となるようなカードローンと契約したいでしょう。

銀行は消費者金融に比べ審査が厳しいと言われていますが、最近ではそうでもなく信用情報に問題がなければ変わりがないのが現状です。銀行だから審査に厳しいということはありません。

違いがあるとすればやはり金利でしょう。

  • 消費者金融は金利年18.0%以下
  • 銀行は金利年14.6% 前後

以上のように利息に関係してくる金利の差が3.4ポイントほどあります。

契約してから30日以内に一括して返済するのでないのなら毎月分割払いとなりますね。そうなってくると金利の差額は毎月発生し、年間トータルすれば大きな差となって現れてきます。

関連記事をチェック!

カードローンの借り換えで金利はどう比較する?

ローンは銀行などの金融機関ごとに金利が異なります。 高い金利のローンを借りている人は、金利の低いローンへ借り換えを行うことで利息の負担を軽くすることができる場合があります。 ローンごとの金...

カードローンの借り換えで金利はどう比較する?

関連記事をチェック!

低金利のおすすめ銀行系カードローン5社

カードローンを作りたい。でもどこのカードローンを選んでいいかわからないという人は多いのではないでしょうか。 カードローンは今やほぼすべての金融機関と消費者金融と信販会社で商品展開をしており、その...

低金利のおすすめ銀行系カードローン5社

主婦も銀行カードローンなら低金利

収入のあるパート主婦も金利のことを考えれば銀行カードローンの方にメリットがありそうです。

金利によってどれだけ利息の差額が出てくるのか簡単にご紹介します。

◆30万円を30日間利用した場合の利息差は次のようになります。
・金利年18.0%:利息額 4,438円
・金利年14.6%:利息額 3,600円
たった30日の利用で以上のような利息の差額が発生します。

収入があってもなくても主婦は家計を切り盛りする仕事をすることが多いでしょう。

少しでも生活費を少なくしようと、買い物の時間をサービスタイムに合わせることや、お得情報をあらかじめ頭に叩き込んでいますよね。カードローンも金利が重要ですよ。

関連記事をチェック!

低金利でお金を借りたい

お金を借りる場合、どうせなら低金利で借りたいと思うのは当然のことです。 そこで今回は、低金利でお金を借りられる方法を紹介していきます。できるだけお得に借り入れを行える方法をぜひ知っておいてくださ...

低金利でお金を借りたい

関連記事をチェック!

銀行系カードローンの強みは何と言っても低金利

急なお金が入用になった時に大きな味方になってくれるのがカードローンですが、利便性ばかりに目が行って、見逃しがちなのが金利面。 カードローンは他の金融商品と比べて簡単申込、スピード融資というメリッ...

銀行系カードローンの強みは何と言っても低金利

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はカードローン契約する場合に、銀行カードローンは低金利で主婦に優しいということを簡単にご説明させていただきました。

審査が厳しいというのは以前の話であって、現在ではあまり消費者金融業者と比べる必要もないくらいに変わりがありません。問題なのは申込者の信用情報がいいのか悪いのか、このどちらかです。

消費者金融でもお金を借りてから30日以内に一括返済するのであれば、新規会員に限って無利息サービスを行っている業者もあります。

ケースバイケースでカードローンを賢く利用したいですね。

関連記事をチェック!

来店不要で即日融資を実現!主婦&専業主婦もキャッシング可能

お金を借りるなら即日融資で決めたいですね。 主婦や専業主婦でもキャッシング申し込みできるのでしょうか。 大丈夫ですよ。 サラリーマンでなくても仕事と家事をこなすパート主婦。 育...

tomato-877019_640

関連記事をチェック!

主婦でも借り入れ,借金を一本化できる

主婦も借入を一本化してラクラク返済! 会社勤務していた気ままな独身時代。カードローンの契約を安易にしてしまい、そのままにして結婚してしまった。 しかしその事を夫に言うわけにはいかない。...

PASONAZ160306170I9A2357_TP_V (1)
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

おすすめ記事

  1. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  2. N112_sumahodeyorokobu_TP_V

    お金が必要なのに借りれないのはなぜ? じわじわ無登録業者が増えてきていると聞きます。無登録業者とは世間一般の言葉で言うと「ヤミ金」のことです。一時無登録業者の数は減ったものの、ここ数年再び息を吹き返していると言います。 ・・・

  3. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資を・・・

  4. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. matome

    「また審査に通らなかった」 「別のカードローンだったら借り入れできるかな?」 と考えているあなた。確かに保証会社の違うカードローン会社へ申し込む、というのも一つの手だと思います。 一方、なぜ借り入れ審査に落ちてしまったの・・・

  6. 1

    むじんくんで借り入れを行う前に、事前にネット申込を行っております。(これが借り入れの最短方法) 仕事が終わった夕食を食べた後、アコムの無人契約機「むじんくん」へいくことにしました。19時すぎです。 今回は、千葉駅前支店で・・・

  7. sinsa

    私は近年アコムに数年ほど務めておりました。 ウェブで検索してみると、むじんくんでのカードローンの申し込みなどの記事が多く見受けられますが、 審査担当者側から執筆されている【むじんくんの裏側】に関して記述されているものは皆・・・