専業主婦のキャッシング審査基準を徹底解剖

理解してくれない旦那さんは多いでしょうが、家計を預かる主婦だからこそ、急にお金が入用になることは少なくないでしょう。

そんな時、簡単申込みで即日融資が受けられるキャッシングを利用したいと考えたことがある主婦の方は意外と多いのでは?

ですが、専業主婦ともなれば個人の収入が全くないわけですから、「どうせ審査に通るはずは…」と諦めてしまう方が大半でしょう。

しかし、諦めることはないのです。

専業主婦でもキャッシングを利用することは可能です。

今回は専業主婦でも審査に通る、その極意を解説していきます。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(仮名)
年齢:55歳
性別:男性
職歴:地域密着の街金を30年近く経営

専業主婦は銀行カードローンだけ利用可

キャッシングを取り扱っているのは、大きく分けると消費者金融と銀行の2つがありますが、基本、専業主婦の申込みを受け付けているのは銀行のみです。

貸金業者は個人の年収3分の1を超える貸付を禁じた法律「総量規制」を遵守する義務があります。

よって、貸金業者である消費者金融は、全く年収のない専業主婦への貸し付けは原則行うことができないのです。

しかし、方法がないわけではありません。

総量規制には例外が認められており、配偶者と合算した年収の3分の1までの借入が可能です。

この方法を利用すれば借入も不可能ではないのですが、下記のように必要書類が多くなり業務量が多くなる割に大きな収入は見込めないことから、この借入に対応しているのは中小の消費者金融のみで、大手は一切対応していません。

  • 妻の本人確認書類
  • 住民票、戸籍妙本など、夫婦であることを証明できる書類
  • 夫の同意書
  • 所得証明書や源泉徴収票など、夫の収入証明書

夫の同意書が必要になるため、誰にもバレずに借りることは不可能です。

また、中小の消費者金融の中にはヤミ金業者が紛れていることがあるため、うっかり借入先にヤミ金業者を選んでしまう危険性もあります。

中小の消費者金融は安心して借入できる先とは言い切れないのが実情なのです。

どうしても利用したいという場合は、下記のポイントは最低限確認する必要があるでしょう。

  • 貸金事業登録が本物かどうか
  • 携帯電話でなく、固定電話を使っているか
  • ホームページなどの内容が事業者として適切か
  • 利用者の口コミはどうか

しかし、これだけやっても絶対にヤミ金業者を避けられるという確証があるわけではありません。

これだけ不利な材料が揃っているのですから、無理をして消費者金融を利用するよりも、信用度が高く安心して利用できる銀行を選ばない手はありませんよね。

関連記事をチェック!

無収入の専業主婦は銀行系カードローンのみキャッシング可能

銀行ローンは総量規制の対象外 キャッシングの商品を取り扱っている機関は、銀行・信用金庫・消費者金融などがあります。金融機関によって商品内容も様々であるため、目的や希望に合った商品を利用するこ...


関連記事をチェック!

無職の専業主婦でも銀行でキャッシングできる

家計を預かる専業主婦であれば誰でも1度は「今月家計がピンチ」という経験があるものです。 また、旦那さんの収入以外にも自分にも自由に使えるお金が欲しいものです。 そんな時にはカードローンがと...

専業主婦の審査基準

専業主婦だから特別な審査方法が取られるのではと心配している方は多いでしょうが、実際のところ専業主婦だからといって、通常とは違う審査を行うところはありません。

通常の申込み時に行われる審査と全く同じものと考えて良いでしょう。

審査時に重要視されるのは返済能力がるかどうかという1点だけです。

よって、この返済能力を判断する上で、配偶者である夫の収入が安定していれば原則、申込むことは可能です。

1.審査には仮審査と本審査がある

審査は仮審査と本審査の2つが行われ、仮審査ではまずコンピュータによって申込み時に記入した個人情報を元にスコアリングによる診断が行われます。

記入した各個人情報は属性と呼ばれ、審査時には下記の属性の確認が行われます。

  • 年齢
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 年収
  • 居住形態
  • 居住年数
  • 家族構成
  • 他社借入件数
  • 他社借入総額

これら属性は下記のように前もってスコアリングが行われており、全ての属性のスコア合計が各銀行で決めた基準値を超えていれば仮審査通貨となるのです。

(勤務先の場合)

  • 大企業       10点
  • 中小企業      8点
  • 零細企業      6点
  • 個人事業主     4点
  • パート、アルバイト 2点

専業主婦の場合、収入は配偶者である夫のものとなるので、下記の属性は夫の情報となります。

  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 年収
  • 他社借入件数
  • 他社借入総額

仮審査を通過すれば、今度は本審査です。仮審査はコンピュータによるものでしたが、本審査は人間の手によって行われます。

ここでは信用情報機関から申込み者の信用情報が取り寄せられます。信用情報とは個人の基本情報と、過去から現在までの全ての信用取引情報が記載されたものです。

よって、申込み時に虚偽の申告をしていても、信用情報を見れば直ぐにウソだと判明します。その確認が本審査で行われるのです。ここで問題がなければ無事審査通過となり、契約へと進みます。

関連記事をチェック!

カードローン借入時の仮審査と本審査の違い

ローンの審査には仮審査と本審査という2つの審査が存在します。 本審査と仮審査はどのように異なり、また、仮審査にはどのような特徴があるのでしょうか? 執筆者の情報 名前:手塚 ...

専業主婦の審査で一番重要なのは夫の収入

専業主婦の申込みを募っている銀行カードローンは下記のように少なくありませんが、そのどれもが配偶者である夫に安定した収入があることを申込み条件としています。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • イオン銀行カードローンBIG
  • りそなクイックカードローン
  • ジャパンネット銀行ネットキャッシング

審査は通常と同じ方法が取られますが、専業主婦が銀行カードローン申込む際に1番気にしなければならないのは、配偶者である夫の収入が安定しているかどうかという1点に限られてくることを覚えておきましょう。

関連記事をチェック!

専業主婦も夫の収入でカードローン可!【内緒・同意書不要】

専業主婦が夫に内緒で、まとまったお金を借りたいと考える時、一番に思いつくのはキャッシングではないでしょうか。 しかし、収入のない主婦は、消費者金融を利用することができません。貸金業法の定める「総...

銀行カードローン審査は厳しくない

銀行といえば審査が厳しいと思われている方が大半でしょう。

銀行カードローンの審査も同様に厳しく、収入のない専業主婦ともなれば審査通過は狭き門と思っている方も多いのでは?

銀行の金利がほかの金融機関よりも低いのは、確実に返済可能だと判断したところにしか貸し付けしないからです。

確実に回収できるからこそ、低金利でも利益を上げることができるのですから、これは仕方がないことでしょう。

よって、銀行の審査基準は厳しく、確認事項や判断材料が多いため長引くことも少なくありません。

しかし、これはカードローン以外の金融商品や融資に限ってのことです。

実はことカードローンの審査に限っては、「銀行=審査が厳しい」という図式は成り立っていません。

関連記事をチェック!

銀行系カードローン審査基準、審査に通らない人必見!

銀行系カードローン審査は消費者金融に比べ、審査で見るところが違っています。それを知らないと審査には通りません。 せっかく銀行系カードローンに申し込むのですから一発で審査に受かりたいですよね。でも...


関連記事をチェック!

銀行系カードローンの審査は消費者金融より甘い?

カードローンには銀行系のカードローンと消費者金融のカードローンがありますが、一般的には銀行系カードローンの方が審査に厳しいと言われています。 それぞれ法律や商品設計によって審査のポイントなどは異...

銀行カードローンの審査は保証会社が行っている

銀行カードローンの申込みには、保証会社を付けることを承諾することが条件になっています。

保証会社とは債務者に変わって代位弁済することを生業としている業種です。

つまり、銀行はカードローン利用者が返済不能になった際、この保証会社から借入残高と利息、かかった諸費用など全ての債権を返済してもらうことができます。

さすが担保がないと貸し付けを渋る銀行と頭の下がるところですが、問題はこの代位弁済ではありません。

問題なのはこの保証会社がカードローンの審査を行っているケースが少なくないという点なのです。

しかも、保証会社には様々なところがありますが、こと銀行カードローンの保証会社に限っては下記のようにおかしなことになっています。

保証会社
イオン銀行 イオンクレジットカードサービス株式会社
東京スター銀行 新生フィナンシャル株式会社
三菱東京UFJ銀行 アコム株式会社
ソニー銀行(50万円  アコム株式会社
ジャパンネット銀行 SMBCコンシューマーファイナンス(旧プロミス)

見てもらえれば一目瞭然ですが、カードローンを扱っている消費者金融業者が保証会社となっているケースが多く目立ちます。となれば、銀行カードローンの審査を行っているのは、銀行ではなく消費者金融ということになってくるのです。

関連記事をチェック!

銀行系カードローンの審査は保証会社がする?

銀行カードローンの審査は保証会社が実質的に行っているということをご存知でしょうか。え、審査丸投げなの?どうやらそのようです。 銀行カードローンなのに保証会社が審査するなんてどういうわけ?という疑...


関連記事をチェック!

銀行カードローン保証会社一覧

カードローン審査通過に重要になるのが「保証会社」です。 銀行カードローンの保証会社とは 銀行カードローンに申し込むと貸付条件に必ず次のようなことが書いてあります。 ・保証会社の保証を受けるこ...

2.銀行カードローンの審査は消費者金融と同等?

消費者金融が審査を行っているのならば、銀行カードローンの審査は決して厳しいものではないと予測されますが、全く同じ審査方法が用いられているのかがハッキリしないことには判断のしようがありません。

それでは実査にどのような審査が行われているのかを、保証会社を消費者金融にしなければならない理由から検証しましょう。

①銀行には少額融資のノウハウがない

先程も言いましたが銀行はあくまで担保ありきが融資条件となっています。

よって、その融資遺体しては高いノウハウを持っているのですが、利益の薄い少額融資に対してはずっと力を入れていなかったためノウハウは少ないのです。

しかし、個人保証のみの担保を取らないカードローンのリスク管理には、専門の高度なノウハウが必要となってくるため、ノウハウの蓄積のない銀行にとってカードローンは危険な融資となってしまいます。

そこで目を付けたのがカードローンに対して長年実績があり、高度なノウハウを持った消費者金融です。

現在の大手消費者金融はメガバンクの傘下に入っていることも尚更、諸費者金融を審査機関として利用することに拍車をかけました。

関連記事をチェック!

少額融資だからこそ銀行カードローンに申し込むべき?

10万円以内の少額融資だからこそ選びたいのが金融業者です。給料日の前になって必ず5万円足りなくなる人も多いのでは? 少額だからといって友人からお金を借りることはやめておきたいですね。人間関係にヒ...

②銀行は貸金業者指定の信用情報機関の情報が得られない

審査時に確認される信用情報は信用情報機関で確認します。現在、日本には3つの信用情報機関がありますが、下記のように登録できる業種が限られています。

主な会員
JICC(株式会社日本信用情報機構) 消費者金融、信販会社
CIC(CreditInformationCenter) クレジットカード会社、信販会社
JBA(一般財団法人全国銀行協会) 銀行

登録した各業者が自社顧客の借入状況や返済状況を登録し、それを会員間で共有することができます。しかし、会員でない業者が情報を見ることはできません。

よって、銀行がカードローン審査で申込み者の過去から現在までの信用取引情報を得ることはできないのです。

これら3つの信用情報機関は定期的に相互で情報交換を行っていますが、タイムリーな情報が常時交換されているわけではありません。

となれば銀行がカードローン審査で満足な個人情報を得ることは難しいのが実情です。これでは満足な審査ができるはずはありませんよね。

以上2つが消費者金融業者を保証会社としなければならない理由です。この理由を見れば、カードローン審査は消費者金融に委ねられていると考えられます。

審査基準に関しては多少、銀行の意向も入ってくるでしょうが、審査の合否採決に関しては消費者金融業者による判断と言っていいでしょう。

よって、厳しいと思われがちな銀行カードローンの審査は、決して厳しいものではないのが実情なのです。

関連記事をチェック!

信用情報機関は銀行と消費者金融で違うの?

信用情報機関は3つありますが加盟している業者が銀行と消費者金融では違うのでしょうか。借入状況や金融事故情報などわかってしまうのか気になります。 銀行カードローンは審査が厳しい、反面消費者金融は審...

審査で不利になる条件

申込みが専業主婦であるという理由で銀行ローンの審査が厳しくなるわけではありませんが、確実に審査を通過するためには、不利となる条件はできるだけクリアしておくに限ります。

そこでここでは審査時に不利となるポイントについて説明します。

1.申込時の虚偽申告

どうしても審査に通過したいと思う気持ちが大きいためか、申込時の必要事項に虚偽申告する方も少なくありません。しかし、これは絶対にやめてください。

仮審査に通過することはできても、絶対に本審査で落とされることになります。仮審査は申告された個人情報をもとにスコアリングし、その総合点が基準値をクリアしていれば通過できますが、本審査はそう簡単にはいきません。

本審査では申込者の信用情報が信用情報機関から取り寄せられます。この信用情報には個人の基本情報の他、過去から現在までの信用取引情報がくまなく記載されているので、申込時に虚偽申告があれば一発でバレてしまいます。

故意ではなく、単なる思い違いや下記違いということもありますので、酷い虚偽申告でなければ電話確認で対処できますが、借入件数や借入総額など、明らかに虚偽申告していると判断されると、それだけで審査に落とされることになります。

そうならないためにも、絶対に虚偽申告だけはしないようにしてください。

関連記事をチェック!

カードローン年収の嘘は意外とバレません【消費者金融業者が語る】

なぜ借入審査のときに嘘を書いてしまおうと思うのでしょうか? それは少しでも借りる確率を上げたいと考えてしまうからです。しかし、嘘はばれます。特に他社借入は直ぐにばれてしまいます。 それでも...

2.過去5年間に3ヵ月以上にわたる返済や支払いの滞納がある

先ほども申しましたが、本審査では申込者の信用情報が取り寄せられますが、その中にはローンや借入の返済状況や、公共機関の支払い情報が記載されています。

そこで過去5年間に3ヵ月以上の滞納がある場合は、約5年間にわたってその情報が登録され続けます。これが審査では大きなマイナス要因となってしまうのです。返済や支払いは相手の取り決めに基づいた約束事です。

よって、それを怠っているということは個人の信用度を著しく落とすことになり、返済能力に関しても低いと判断せざるを得ません。

そんな人にお金を貸せば滞納する可能性が高く、返済不能に陥る可能性も高くなってしまうと思われてしまいます。中には携帯電話の支払い滞納があったため、契約に支障が出たという話もあるくらいです。

そうならないためにも支払いや返済は期日を守るように心がけましょう。

関連記事をチェック!

借入の滞納は百害あって一利なし

お金を借入れしたなら滞納することなく最後まできちんと返済するのが責任のある社会人というものです。 しかし人間ですからうっかり返済期日を忘れてしまうことや、返済期日までに返済することができないこと...

3.過去5年間に債務整理をしたことがある

債務整理とは借金等の返済が不可能となって、生活に支障をきたしている債務者を救済するための方法で下記のような措置が取られ、行えばその情報は信用情報機関に登録されます。

  • 借金の免責
  • 借金の減額
  • 分割での支払い(借金を減額した上で)

これら債務整理をするということは、言うまでもなく返済能力がないことを露呈することですから、当然、カードローンに申込んだとしても審査に通ることはありません。

しかし、信用情報機関に登録される期間は債務整理の方法にもよりますが、下記のように最低で5年、最長で10年です。

  • 自己破産 10年
  • 個人再生 10年
  • 任意整理 5年
  • 特定調停 5年

よって、この期間が経過し登録が抹消されれば、信用情報で引っかかることもなく審査にも影響は出ません。

しかし、抹消までの期間内は絶対に審査に通ることはないので、申込みは控えるようにしましょう。

関連記事をチェック!

ブラックリストって本当にあるの?

借金を滞納するとブラックリストに載る。よく言われることですがブラックリストは存在しないことをご存知でしょうか。 そんなはずはない、カードローンやクレジットカードの審査で落ちたことあるよ。疑問な点...

関連記事をチェック!

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は期間が経つまで回復しない

信用情報開示したとき、信用情報に問題を発見。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、馬元先生、竜馬先生に信用情報の回復方法について...

4.他社借入件数が3件以上ある

銀行カードローンだけでなく、消費者金融カードローンを含めて借入件数が3件以上ある方は、審査に通るのは難しくなってきます。

審査においては借入件数を借入総額よりも重要視する傾向があり、審査項目の中でも大きな判断基準として重要視されています。

信用度が低く限度額が少ないため、多数から借入しなければならないと判断されるからです。

実際、1社から50万円の借入があるAさんと、3社から総額30万円の借入があるBさんとでは、確実にAさんの方が評価は高くなってきます。

よって、審査においては借入先が少ないほど評価は高くなってくるのです。

現在は無利息ローンなど、消費者金融カードローンには優れたサービスを行っているところが多く、それを目当てに複数社と契約している方も少なくありません。

しかし、審査においては不利になる材料でしかありません。

3社以上の借入先があり、新たに他社申し込みを検討している方は、最低でも借入先を2社までに減らせて申込むことをおススメします。

関連記事をチェック!

他社借入件数とは

消費者金融カードローンに申し込むときに考えてしまうのが、他社の借入件数をどこまで書けばいいのか、審査に影響しないのか、ですよね。 そもそも他社借入には何が含まれるのか 他社借入は審査に...

5.1ヵ月以内に複数のカードローン申込みをしている

審査に落ちたことを考えて、一度に複数のカードローンに申込む方もいるようです。

これは一見、面倒がなく合理的な方法のように思われますが、短期間で複数社へ申し込みをすると「申込みブラック」となり、審査に通りにくくなる原因となります。

この申込み情報は信用情報機関に登録されるので、どこに申込んでも審査通過に大きな影響が出てしまいます。

「なんで?」と不思議に思われる方も多いでしょうが、この申込み方をすると、審査の担当者は「かなりお金に困っている」「とにかくあちこちからお金を集めなければならない切迫した状態」と判断して、返済能力ナシと判断してしまうのです。

また、そこまで露骨な判断でないとしても、返済に力に疑問符は付くこともあるので、審査には大きなマイナス要因となることは間違いありません。

申込みブラックと判断されるのは、1ヵ月以内に4社以上の申込みをしている方です。

銀行カードローンの申込み記録は1年間、消費者金融カードローンの申込み記録は半年間保存されることになるので、この記録が消えない限り、申込みブラックという認識は消えず、審査に通りにくい状態が継続します。

そんな面倒なことにならないためにも、短期間に複数社への申込みは絶対にやめるようしましょう。

関連記事をチェック!

カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くない...

専業主婦の審査が甘いキャッシング先

それでは最後に、専業主婦の審査が甘いと言われているキャッシング先を紹介しておきましょう。

相対的に専業主婦に対する審査結果を判断すれば、本業を別に持つ銀行カードローンはねらい目と言えるでしょう。代表的なのが流通系です。

近年、コンビニ大手に始まり、小売業大手が銀行業への参入目立ち、有名どころではセブンイレブンのセブン銀行や、イオングループのイオン銀行などが、通常銀行と同様に普通預金や各種ローンを取り扱っています。

この流通系銀行のカードローンの特徴は、主婦をはじめとする女性向け少額融資に強く、10~30万円の少額融資を積極的に実施している点です。

つまり、カードローンでの利益が少なくても、本業の方の買い物で利益をもたらしてもらえるという考えがあるため、専業主婦に対しても審査が甘いと言われています。

様々なポイントサービスが展開されているのも、主婦にとっては嬉しいところでしょう。しかし、専業主婦の審査が甘いのは何も流通系だけではありません。

他の銀行カードローンでも、下記のように利用を推進しているところも少なくないのです。

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローンの保証会社はアコムです。

アコムの審査通過率はキャッシング業界でNo.1の44.8%(2017年1月現在)を誇っており、このアコムが三菱東京UFJ銀行カードローンの審査を行うのですから、審査通過率の高さには期待男できます。

また、専業主婦の申込みも率先して受け付けており、申込条件も下記のように家族バレも心配いらない嬉しい内容になっています。

  • 配偶者の同意書は必要なし
  • 婚姻関係の証明書の提出も必要なし(住民票戸や籍謄本、戸籍抄本など)
  • 借入限度額がほぼ一律30万円
  • 即日融資が可能
  • 土日・祝日でも即日融資OK

専業主婦の場合、借入額が10万程度に抑えられることが多い中、30万円の借り入れが可能なのは大きな魅力です。

関連記事をチェック!

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」について説明したいと思います。 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」について ※...