クレジットカードは総量規制対象で年収3分の1に入る?

借り入れは年収の3分の1しかできないということを聞いたことがあるかもしれません。

たしかにカードローンやフリーローンなど、ローン商品には借入金額が年収の3分の1に制限される物があります。

果たしてクレジットカードは年収の3分の1以上利用できるのか気になっている人も多いと思いますので、「クレジットカード」と「年収3分の1」の関係について詳しく説明しましょう。

年収3分の1を超える借入はできない

まず、よく耳にする、「借り入れは年収の3分の1まで」という話は本当です。

貸金業法と言われる法律の中に総量規制という項目があり、これによって貸金業者の貸付は利用者の年収3分の1までと制限されています。

これは1っ社からの借り入れだけではなく、貸金業法の対象となる業者からのすべての借り入れ金額を合計して判断されます。

つまり、A社から100万円を借り入れしている年収300万円の人に、B社は1円も貸付してはいけないということです。

ただし、名前の通り、貸金業法の対象となるのは貸金業者のみとなり、例えば銀行や信用金庫などは対象となりませんので年収の3分の1以上でも借り入れすることができます。

一般的に利用する業者では、消費者金融(アコムやモビットなど)と信販会社(JCBやセゾンなど)が総量規制の対象の貸金業者に含まれます。

では、クレジットカードを発行しているのは多くが信販会社ですので、クレジットカードは年収の3分の1までしか利用することができないのでしょうか。

それにはショッピングとキャッシングが関係してきます。

関連記事をチェック!

年収の3分の1以上でも借りれる方法

総量規制が2010年6月の貸金業法で法律が改正され、消費者金融では年収の3分1以上のお金は借りる事が出来なくなってしまいました。 執筆者の情報 名前:小川 馬吉(仮名) 年齢:3...

IMG_2392

キャッシングとショッピングの2つがある

クレジットカードの利用が年収の3分の1までなのかというと、これは半分正解で半分間違いとなります。

クレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能の2種類の使い道があるということをご存知でしょうか。

まず、ショッピング機能というのは、買い物の際に提示することでその場では現金を使うことなく、後ほどカード発行会社に代金をまとめて払うことができる機能のことです。

クレジットカードの使い方としてほぼすべての人が想像するのはこちらのショッピング機能だと思います。

もう一つの機能は対応しているATMに挿入して現金を借り入れすることができ、これをキャッシング機能と言います。

簡単に言うと、キャッシング機能を使えばクレジットカードをカードローンのように利用することができるということです。

ショッピング機能とキャッシング機能の内、キャッシング機能は総量規制の対象となり、年収の3分の1以上を利用することができないのです。

ちなみに、クレジットカードではショッピング枠50万円、キャッシング枠30万円、総枠(ショッピング枠と同額)という風にそれぞれの限度額が定められています。

キャッシングで30万円を利用した場合はショッピングでは20万円しか利用できず、ショッピングで40万円利用したらキャッシングは10万円までとなります。

関連記事をチェック!

クレジットカードのキャッシングサービスとは

クレジットカードを申し込もうとしていると、入力画面の最後の方に「キャッシングサービス」という項目がありますよね。 この、キャッシングサービスというものが何なのかわからずに申し込みが途中で止まって...

ダウンロード (4)

関連記事をチェック!

ショッピングローンとは?審査基準を徹底解説

クレジットカード全盛の時代にあってショッピングローンとはどのような金融商品であるのかご存知の方は多くはありません。 しかし家電量販店などに行くと「ショッピングローン利用可能」と説明書されているこ...

ショッピングローンとは?審査基準を徹底解説

ショッピングは年収3分の1以上利用可能

普段皆さんが利用しているクレジットカードのショッピング機能は総量規制の対象には入りません。

そのため、たとえ利用額が年収の3分の1以上となったとしても全く問題はありません。

年収300万円で消費者金融から100万円借り入れしていてもショッピング機能は利用でき、ショッピング機能で100万円利用していても消費者金融からの借り入れは行えるということです。

リボ払いでも関係なし

ショッピング機能では1回払いや2回払い、リボ払いなどがあります。

リボ払いというのは利用金額の一部を毎月返済していく方法のことです。

1回払いや2回払いなら利用分をまとめて支払いますが、リボ払いでは返済を遅らせるわけですから、お金を借りているのと似たような状態となります。

しかし、たとえリボ払いであってもショッピング利用であれば年収の3分の1までに制限されることはありません。

関連記事をチェック!

定額のリボルビング払いについて

筆者がクレジットカード会社に勤務している時、お客からよくリボルビング払いについての仕組みを質問されました。 おそらくリボルビング払いを利用している人で、正確に仕組みを理解している人は5割もいなか...

e269da681c340282ff5bbd7a932f5413_t

ショッピング枠は年収の10分の1が目安

そもそも、クレジットカードのショッピングは基本的に年収の3分の1近い額に設定されることはほとんどありません。

ご自身のクレジットカードを例に考えればわかると思いますが、大体年収の10分の1程度に設定されているのではないでしょうか。

もちろんクレジットカード単体ではなく他の他の借り入れとの合計で年収3分の1になることはあると思いますが、その場合でもキャッシングでの利用額は総量規制とは無関係です。

キャッシングは総量規制対象

一方、キャッシング機能は年収3分の1までしか利用することができません。

そのため、もしすでに消費者金融から年収の3分の1を借入している状態で新しいクレジットカードに申込んだとしてもキャッシング枠は0になることが予想されます。

もちろんショッピング枠は総量規制の対象外なのでクレジットカード自体を作ることは可能ですが、キャッシング枠が付くことはないでしょう。

年収300万円の人がキャッシング機能で10万円、消費者金融から90万円を利用していれば消費者金融から新規の借り入れは行えません。

枠だけなら対象外

クレジットカードのキャッシング機能が総量規制の対象になるのであれば、それだけで他社からの借り入れができなくなってしまうのか気になります。

例えば、キャッシング枠だけで年収3分の1に達してしまった場合には本当に作りたいカードローンが利用できないとなってしまうのでしょうか。

クレジットカードを持っているだけで影響してしまうのであれば、クレジットカードはあまり作らないようにするか、キャッシング枠を0に変更してもらった方が良いですよね。

しかし、キャッシング機能は枠があるだけでは総量規制の対象となることはありません。

クレジットカードを大量に持っていてキャッシング枠の合計が多くなっている人でも、実際に利用していなければ、それが原因で他の消費者金融が利用できないということはありません。

銀行発行なら総量規制対象外

クレジットカードのキャッシングを利用しても総量規制の対象とならない物があります。

それは銀行が直接発行しているクレジットカードの場合です。

冒頭で説明した通り、銀行からの借り入れは総量規制の対象外となります。

そのため、銀行のクレジットカードであればショッピング機能だけではなく、ショッピング機能も総量規制の対象外なのです。

クレジットカードの裏には発行会社が書いてありますので確認してみましょう。

ただし、法的には総量規制には含まれなくても借入が増えることは事実なので、消費者金融を利用する場合の審査に影響することは考えられるということには注意しておいてください。

関連記事をチェック!

借り入れ銀行でキャッシング

借り入れやキャッシングをしたいときは、知名度の高い消費者金融が真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。 もしかしたら銀行と言うと、個人ではなく会社が借入するところというイメージがあり、個人で利用...

借り入れ銀行でキャッシング

年収3分の1以上なら銀行カードローン

基本的にクレジットカードでは年収の3分の1までしかキャッシングすることはできません。

銀行発行のクレジットカードであれば可能ですが、クレジットカードのキャッシング機能は金額が少ないため、一枚だけではとても希望金額には届かないでしょう。

もし年収3分の1の借り入れをする場合には銀行カードローンを利用してください。

カードローンはクレジットカードのキャッシングと同様、必要な時にATMから限度額の範囲内で好きな金額を借入することができます。

また、銀行カードローンはクレジットカードのキャッシングよりも限度額の上限が高く、審査次第では数百万円に設定されることもあります。

また、借入までには時間がかかるものが多いですが、ちゃんと選べば即日で利用できます。

関連記事をチェック!

総量規制超えても借りれる銀行系カードローン

カードローンの利用には必ず利用限度額が設定されます。 限度額は年収や属性によっても決定されますが、大前提として年収の3分の1を超えて消費者金融から借入することはできない、総量規制という規則があり...

09a83e01c4d7123e97e0eb8d51c9f411_t

まとめ

お金を借りるとき、方法によっては総量規制によって年収3分の1以上を借り入れすることができません。

クレジットカードがその対象に入るのかどうかという問題ですが、二つある機能の内、ショッピング機能は対象外、キャッシング機能総量規制の対象となります。

たとえリボ払いを選択していてもショッピング枠は総量規制の対象とはなりません。

また、キャッシング機能を利用すると総量規制の対象となってしまいますが、実際に借り入れを行わずに枠があるだけであれば総量規制への影響はありませんので安心してください。

基本的にはクレジットカードでのキャッシングは総量規制の対象となりますが、銀行が発行しているクレジットカードであればショッピング機能同様総量規制の対象とはなりません。

しかし、クレジットカードのキャッシング機能は枠があまり大きくなく、高額を借入することは難しいため、年収3分の1以上借り入れしたいのであれば銀行カードローンを利用しましょう。

銀行カードローンであれば限度額数百万円というものもあります。

関連記事をチェック!

年収以上の借金!限度額以上の借り入れは可能か

年収以上の借り入れができてしまう。現実的に収入以上に借金をすることは難しいですね。しかしどういうわけかタイミングによっては借りることが出来てしまいます。 とくに貸金業法によって総量規制が定められ...

e25f8d17c292e0dfebe1c3745e26fee7_t

関連記事をチェック!

総量規制オーバーでも借りられる消費者金融

最初はちょっとだけ、と思いお金を借り始めたはいいものの、気が付くと複数社で借金も増えるばかり。 あっと気が付くと年収の1/3まで借金が積もることも多いです。 日本では貸金業法により、貸金業...

%e5%80%9f%e3%82%8a%e6%8f%9b%e3%81%88