あなたは借金返済の乗り換えに向いている?

複数借金を抱えている人にとっては借金を乗り換えしたいと考えている人も多いでしょう。

借金を一本化することで完済することができればこんなにいいことはありません。でもよく調べてみるとおまとめローンに向いている人と向いていない人がいるようです。

そもそも借金の乗り換えとは

a70ec64ccadc56e683f09fd2d5cb9bb4_s

そもそも借金乗り換えとはどういうことでしょうか。テレビCMやインターネット広告で「借金をおまとめしませんか?」などを見かけることがあります。

いかにも借金の乗り換えやおまとめローンは「お得」であることを強調しています。あまりにもメリットばかりを宣伝しているためちょっと疑ってしまいますね。

まずは借金の乗り換えとは一体どういうことなのかご説明したいと思います。

借金の乗り換えは「借り換え」や「おまとめローン」という言い方もします。内容的には同じことで主な作用は次のようになります。

・複数ある借金をひとつにまとめる
・月に数回ある返済日を1回にする
・返済先を1箇所にする

返済先が複数あるとそれぞれ返済額を用意することや返済日の管理をすることが大変ですよね。それを1箇所にしてしまえば一気に解決するわけです。

お金の借り入れ先を新たに選ぶ方法や、今利用している金融機関の利用限度額を上げる方法でも借金をまとめることができます。

借金額が減額されるわけではない

N112_udewobatunisuru_TP_V

借金の借り換えをしたからといっても複数ある借金をひとつにまとめただけです。返済することでラクになったというだけで、借金の総額が少なくなったわけではありません。

借金の一本化をして乗り換えをしてしまうと毎月の返済がラクになることから、なぜか借金に対する意識が変わることがあります。50万円ある借金を4件まとめれば総額200万円ですよね。

返済先が1箇所になったというだけで他に変わったところはないのです。4件あった借金をまとめたとしても借金の総額が減額されるということはありません。

借金の乗り換えは完済することを目的としたものです。まとめたからといって借金が解決したわけではありません。これから長く厳しい道のりを乗り越えていかなければならないことを確認しておきましょう。

関連記事をチェック!

借金返済の減額交渉するのもアリ?

作ってしまった借金を減額することはできるのか。カードローンやクレジットカードが便利になるほど「つい」無計画に借金を重ねてしまうことがあります。 返済しようにもお金がなく困った、となったとき都合よ...

借金借り換えローンを選択する条件

2c1a09cdbc8e8de6992cbd6fed610a50_s

借金の乗り換えをした方がいいのか、それとも他に良い方法があるのか。借金の一本化するのにはまとめるよりも債務整理した方が向いている人があります。

一度おまとめローンを組んでしまうと支払い義務が生じてしまいます。途中で支払いが出来なくなってしまうと信用情報にキズがつくことや、結局債務整理をしなければならないことにもなります。

ここで借金の借り換えローンを組んだ方がいいのか、それでも債務整理した方がいいのか簡単に見極める方法をご紹介しましょう。

乗り換えで借金返済がいいパターン

借金を乗り換えることで完済を目指した方がいいパターンとして次の条件を上げることができます。

・収入-総支出=プラス

おまとめローンを申し込む前に確認しておきたいのは以上のことです。現在の家計の収支決算が黒字なのか赤字なのか、赤字だとしてもどの程度の赤字なのかを認識することです。

おまとめローンだって毎月返済していくことは変わりがありません。家計の収支決算が大幅に赤字なのならおまとめローンの返済をしていくことはできませんよね。

もう少し具体的におまとめローンに向いていることを見極める計算例を以下にご紹介します。

手順

  1. 毎月の借金額を合計する
  2. その金額の1年間分を計算する
  3. 2で求めた金額を年収で割って100をかける
  4. 3の答えが40%未満ならおまとめローンは有効

1に入れる借金額にはカードローンだけでなく、クレジットカードの利用料金や車のローンなど入れて計算しましょう。住宅ローンを持っているなら住宅ローンの返済額も入れて計算します。

2で求められた金額が150万円だとし年収が300万円なら計算式は次のようになりますね。

・150万円/300万円x100=50%

ここで求められた50%というのは返済可能かどうか判断することができる「返済比率」といいます。銀行で住宅ローンを組む場合、長年にわたって返済していくことが可能かどうか返済比率を目安として審査を行います。

この数字が40%以内なら今後も返済していくことが可能となります。

つまり生活していく上で食費や水道光熱費など「必要経費」は欠かすことができません。必要経費分を年収の60%と見ているのです。借金の返済は残り40%以内で済ますことが健全な債務状況という見方です。

関連記事をチェック!

カードローンの借り換えで借金返済を楽に

カードローンは借入の本数が多いほど毎月の返済が大変になります。 また、カードローンは1本あたりの金額が少ないほど金利は高くなります。 借入本数が増えてきたら借り換えを検討するのがよいでしょ...

債務整理で借金を減らすパターン

一方借金の乗り換えではなく債務整理で借金を減らすこともできますね。返済比率が40%を大きく上回るようであれば、借金をまとめるのではなく法的または私的に債務整理することをおススメしたいと思います。

法的債務整理とは裁判所を通じて行う債務整理で、私的整理とは弁護士や司法書士などに依頼して借金の軽減をするものです。

債務整理をしてしまうと信用情報にキズがついてしまうと言うデメリットがあります。信用情報機関に「金融事故情報」として5年から8年程度残ってしまいます。

その間お金に関する契約を結ぶことは限りなく難しくなります。クレジットカードの契約や自動車ローンの契約、住宅ローンの契約なども出来なくなるのが一般的な考えです。

借金をまとめるということは無計画に借金をしてしまったあなたに原因があるわけですから、その責任を取る意味でも辛抱しなければならない期間だと考えましょう。

◆株式会社日本信用情報機構 登録内容と登録期間

関連記事をチェック!

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理とは、消費者金融業者(いわゆる「サラ金」)や信販会社(クレジットカードのショッピングやキャッシングなど)に対する借金を整理することです。 この借金の整理には、法的整理と私的整理の2種類が...

関連記事をチェック!

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は期間が経つまで回復しない

信用情報開示したとき、信用情報に問題を発見。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、馬元先生、竜馬先生に信用情報の回復方法について...

借金借り換えするメリットは

fffcdbc7875388180a1d4a63f7b12fd4_s

前項でご説明した返済比率が40%以内、越えたとしても1ポイントや2ポイント程度なら生活費を節約することで借金の乗り換え「おまとめローン」を組むことでメリットを享受することができます。

おまとめローンは信用情報に悪い影響を与えません。債務整理とは違いますのであなたの信用をキズつけるということがありません。クレジットカードを利用することも、自動車ローンを組むこともできるでしょう。

その代わり新たなカードローンの契約は少々難しくなりますね。まとめる金額によっては相当大きな借金の額になるわけですから返済能力が劣ってしまいます。返済能力がなければカードローン審査で落ちてしまうことも不思議ではありません。

新たにカードローンを組むことができないのがデメリットと感じるかどうか、それはあなた次第です。

関連記事をチェック!

おまとめローン後に他社借入をすることは可能?

おまとめローンすると他社借入できない? おまとめローンを利用すると、もう他社借り入れすることができないらしい。そんな話をよく聞きます。 でもどうして借金を一本化すると他社借入が難しくなってしま...

金利が下がる

借入金利が下がることが十分期待できます。金融機関によっては200万円程度の借入金なくなら金利が10%を切ることも珍しくはありません。

しかし借入金利は審査状況やあなたの返済能力によって異なってきますので、必ず10%を切ると言う金利を約束するものではありません。

しかしながら利息制限法によって100万円を超える借入金の上限金利は年15.0%と定められています。今まで利用していたカードローンの借り入れ金利が年18.0%なら、借金をまとめることで確実に3ポイント金利を低下させることができます。

毎月の返済額を軽減できる

金利が下がるということは毎月の返済額を減らす効果もありますよ。大手消費者金融業者のプロミスでおまとめした場合(申し込みは店頭または郵送)、毎月の返済額は借入金額の1%となっています。

200万円のおまとめローンなら毎月の返済額は2万円で済みます。今まで返済していた金額よりは少なくなっているのではないでしょうか。

◆プロミス公式サイト 貸金業法に基づくおまとめローン

借金乗り換えのデメリットは

dfeb5966c01f1ee6823e2c6543a9b6fa_s

借金の乗り換え「おまとめローン」のデメリットはどこにあるのでしょうか。金利が下がり毎月の返済額が安くなるというのは利用する側にとってはメリットばかりのような気がします。

決して、おまとめローンをしてはいけないと言っているわけではありません。ただしおまとめローンにはこのようなデメリットもあるのですよ、ということを念のために知っておいてほしいのです。

返済期間が長い

借金の一本化によるおまとめローンは返済期間が長くなってしまうことがありますね。借金をまとめることによって契約金額が大きくなるわけですから、どうしても返済期間が長くなってしまいます。

返済期間が長いということはそれだけ毎月利息を負担していかなければならないという側面も持っています。通常おまとめローンの最高契約期間は10年から13年程度となっています。

返済期間が長くなってしまえば総支払金額は増えてしまいます。しかしこれはおまとめローンに限ったことではありません。

住宅ローンもそうですね。住宅ローンはフラット35を利用すれば35年間支払っていくわけですから、総支払金額は借入金額の2倍になることもあるようです。

10万円を借り1年で返済するのと2年で返済するのでは、負担しなければならない利息に違いが出てくるのと同じ原理です。おまとめローンも返済期間が長くなってしまうことから利息の負担が増えてしまいます。

借金がなかなか減らない?

銀行でおまとめローンを組むのはカードローンを利用することが多いですね。借金を一本化したときは完済するまで頑張るぞ!との決心も強かったのですが、急なお金の入用ができてしまうことも長い返済期間のうちには出てくるものです。

カードローンの特徴は利用限度額内で自由にお金の出し入れができるということですね。銀行のカードローンでおまとめローンを組んだとしても、借金を完済するまで借り入れできないということはないのです。

返済していくうちに借入枠ができてきますね。そうなるとつい枠を使ってしまうことが出てくるようです。枠を使ってしまうと返済期間がさらに伸びてしまいます。そうなってしまうと当初計画した返済計画が崩れてしまいます。

◆三井住友銀行カードローン おまとめ借り換えにも対応

関連記事をチェック!

借金借り換えとは?メリット、デメリット

借金を借金で返すのは良くありませんが、借金を借り換えて返すのはアナタにとってメリットをもたらすかもしれません。 カードローンを利用している人ならご存知のように、適用される金利は銀行や消費者金融業...

おまとめローンは損なのか

OY1151013220971_TP_V

では借金の乗り換え「おまとめローン」は損なことなの?と思ってしまいますね。 長期間分割して払っていくわけですから総支払金額のことだけを考えれば借入金額よりも多くなってしまうため、金銭的には「損」ということもいえます。

しかし借金を借り換えることにより生まれるメリットもあるわけですから、一概に借金の乗り換え「おまとめローン」は損であるということは言えません。

毎月の返済額を優先するか

毎月の返済額を少しでも軽減したい

軽減することによって返済していくことができる

返済できれば完済に近づくことができる

以上のことを最優先に考えるなら例え総支払金額が多くなったとしても、借金の借り換え「おまとめローン」は決して損なことではありませんね。

一括して支払うことができるなら苦労はいらないのです。一括して支払うことができないから借金の乗り換え「おまとめローン」を契約するのです。

総支払金額が多くなってしまうからといって、「それではあなた損していますよ」とはならないです。

総支払額を優先するか

前項の考え方は見方によっては「現実逃避」や「目先の損得勘定」となるでしょう。それなら住宅ローンを契約している人はすべて損していることになりませんか?

多額の金額を一括で支払えないからローンを組むわけです。複数ある借金をまとめることも考えようによっては住宅ローンと変わりはありません。借金していることには変わりはないのです。

もし総支払金額を気にするなら、臨時収入(ボーナスなど)が入ったときに元金分を一部入金しておくことで「お得」にすることもできるでしょう。

何も金融機関が指定する「最低支払金額」のまま返済しなければならないということはありません。

お金に余裕があるときは、ATMなどから返済することで元金分を減らすことができますよ。元金が減らせれば借金完済までの期間も短くすることができますね。

借金借り換えの銀行審査は厳しい

0I9A105515030124meganechira_TP_V

借金の乗り換え(借り換え)は銀行や消費者金融業者などで行うことができます。お金もクレジットカード会社のカードローンで借金の一本化をすることも可能です。

しかし借金の乗り換えをするには審査に通らなければなりません。複数借金している人は多重債務に陥っていることが多いですね。

そのため毎月返済することができない、だから借金を一本化しておまとめローンを組むという考えが出てくるわけです。

金融機関から見れば、おまとめローンを申し込んでくる人は「返済に苦しい人」という考え方をもってしまいます。返済に苦しい人は貸し倒れリスクが高いと言う考えにもつながることから、審査は一般のカードローンよりも多少厳しくなることがあります。

既にご説明してあるように基準となるのは返済率と考えておけばいいでしょう。当然ながら信用情報機関に次のような金融事故情報が登録されていると審査に通ることができません。

  • 延滞
  • 債務整理
  • 自己破産
  • クレジットカード強制解約

もちろん債務整理や自己破産している人はおまとめローンを組むことはないとは思います。 ここで問題になるのは返済の遅れによる延滞情報や、クレジットカードの利用料金不払いによるカードの強制解約ですね。

借金を乗り換え(借り換え)するなら、持っている借金が不良債権とならないうちに申し込むことが必要です。

関連記事をチェック!

決定版!おまとめローンの審査に落ちる原因はコレだ!

どうしておまとめローンの審査に落ちるのか。原因がわからなければ何度申し込んでもダメです。しっかりご説明しますね。 おまとめローンは借金を完済する方法としてアナタにとって有利な商品のはず。それなら...

借金借り換えローンで失敗?

PAK86_kononihonwokae20140713_TP_V

借金の乗り換え(借り換え)を申し込んでしまってから「失敗した!」とならないように注意したいですね。どんなときが「失敗した」となるのでしょうか。

消費者金融業者で乗り換えできない借金がある

借金の乗り換え(借り換え)おまとめローンは銀行以外にもいわゆるノンバンクでも契約することは可能です。とくに大手消費者金融業者が扱っているおまとめローンはまとめることのできない借金があることに注意しましょう。

消費者金融業者がおまとめローンを扱うのには、特別な例外規定を持って許されている契約行為です。特別な例外規定とは次のことを言います。

・利用者の月額負担が軽くなる
・将来にわたって借入残高が少なくなることが期待できる
・総支払金額が少なくなる

以上のように利用者が有利になることを条件としているのです。利用者が有利にならなければ銀行以外おまとめローンを組むことはできません。

なんとなく大手消費者金融業者でおまとめローンを申し込んでしまった、申し込みの段階で「銀行の借り入れはまとめることはできません」などとなってしまったのでは、それまでかけた時間は無駄となってしまいます。

◆アイフル 貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン

関連記事をチェック!

カードローンの借り換えの審査は甘い?

借り換えを行う際には、通常のローンと比べて審査が厳しくなる場合もあります。 借り換えのローンの審査はどのような基準で行われるのでしょうか? 執筆者の情報 名前:手塚 龍馬(仮...


関連記事をチェック!

借金の借り換えを銀行系カードローンで行う方法

カードローンは商品によって金利も様々です。 また、カードローンは低金利時代の今、数少ない高金利商品として銀行などの金融機関の中でも競争が熾烈となっており、金利の低いカードローンも次々に登場してい...

おまとめ詐欺に注意しよう

TSUCH160130520I9A6560_TP_V

世の中には悪い考えを持っている人が少なからずいます。複数借金を抱えた人を狙った「詐欺」が後を絶ちません。

おまとめローンをするなら利用しませんか、などと誘客し、契約するまでの過程で保証料や手数料を先払いさせます。もちろんおまとめローンを契約することはありません。

利用者はまんまと保証料や手数料を騙し取られることになります。

よくよく考えればそんなうまい話なんかないね、となりますが、焦っているときに限って勧誘されてしまうと騙されてしまうのですね。

騙されてしまった後でお金を取り返すことはまずできません。相手側から「借金を一本化しませんか」という電話がかかってくるということはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 今回は借金の乗り換え(借り換え)についてご説明しました。借金の一本化は申し込めば誰でも契約できるとは限りません。たとえ申し込んだとしても返済していくことができなければ意味がありません。

あなたの借金はおまとめローンを組んだ方がいいのか、それとも債務整理をしてしまった方が良いのかについても簡単にご説明しました。返済比率を計算しそれが何%なのかによって方向性を見出していきましょう。

また借金を一本化するなら銀行でおまとめローンを組むことをオススメします。消費者金融業者ではまとめることのできない借金もあります。申し込んでから「失敗した」とならないようにだけはしたいですね。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミスレディース
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 急な出費でお金がない!お金に困った場合の対処法

    怪我・家電の故障・慶弔など、急にお金が必要になることは人生でよくあります。 とはいえ、貯金がなくてどうしようとなることも多いでしょう。 今回はそんなピンチを乗り越える方法を見ていきましょう。 急な出費で困ったらときの対処・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 借入審査に落ちた時に考えられる理由を全てまとめてみた

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  3. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が甘い通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が甘い通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を・・・

  4. 今すぐ即日即金で5,10万円作る方法【お金を借りる必要なし?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法を紹介します。 即金作るには稼ぐか、借りる  方法 利用額 現金 質屋 品物次第 即日 買取 品物次第 即日 日払いバイト ~2・・・

  5. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・