他社の借入件数と審査への影響。消費者金融何社までOK?

消費者金融カードローンに申し込むときに考えてしまうのが、他社の借入件数をどこまで書けばいいのかということですね。

借入申込書には嘘を書かないようにしよう、は原則だと言っても、いざ申し込むとなると意外に悩んでしまいます。

他社借入件数とは

他社借入0件、借入額0円でOKです。しかし「そういえば車のローンがあったね」や、「住宅ローンはどうするのだろう」、「教育ローンは?」など、消費者金融業者に申し込むのは初めてでも、既にローン組んでいることは多くの人が経験していることだと思います。

「申し込むなら少ない方がいいよね」などと考えてしまい、果たしてそれが虚偽の申告とならないかと急に心配になってしまいます。

信用情報機関によって結局バレてしまうのではないか?

それなら車のローンや住宅ローンなども書いた方が正直でよろしい、となるのか判断することが難しいですね。もし車のローンや住宅ローンを書かなければならないとなると、完全に総量規制を超えてしまい「契約できない」となってしまいます。

お金を借りることができない!

結論から先にご説明すると、他社借入件数や他社借入額に計算に入れる契約と、計算に入れない契約があります。え?

今回は消費者金融カードローンに申し込む際に記入することを前提に、他社借入件数についてご説明したいと思います。

基本的に知っておきたいのは「お金を借りるという申し込みである」ということ。しかも借りる相手は「消費者金融業者である」、この2点です。

ここまでご説明すると「なるほどね」と気づく人もいるかもしれません。でもヒントとしてはちょっと難しいキーワードですね。

関連記事をチェック!

他社借り入れがあっても審査は通る

既にどこかから借入をしていて、他社からさらに借入をしたいという方が何より気になるのは、その状態でも審査に通るのかということでしょう。 今回は他社からの借入が審査に与える影響や審査担当者にどのよう...

他社借り入れがあっても審査は通る

銀行カードローンは書くの?

YUKA150701598457_TP_V

銀行カードローンを他社借入件数に入れるべき?

消費者金融業者が求めているのは、貸金業者からの借入情報を申告してもらうことです。

銀行は貸金業者か?悩みますね。どうやら素人的に考えてみても銀行は銀行です。貸金業者ではないでしょう。

ということは銀行カードローンを借入申込書に書く必要ない、ということです。

そもそも銀行が行う貸付は総量規制の対象とならないため、消費者金融業者が契約する上限金額には含まれません。

関連記事をチェック!

総量規制とは

貸金業法における総量規制とは 総量規制についてご存知でしょうか。まあなんとなく知っている、だいたい知っているという方が多いと思います。 総量規制について知っておくことはカードローンの契約、クレ...

総量規制とは

銀行カードローン以外にも、自動車ローンや住宅ローン、教育ローンなど銀行から借り入れしている件数や金額を含める必要は全くないのです。

住宅ローンや自動車ローンを入れてしまうと、年収の1/3以上になることがほとんどでしょう?

そうなってしまうと消費者金融業者はカードローンを発行することが出来なくなってしまいますね。

というより、消費者金融カードローンに申し込むことができる人はガクッと減ってしまいますよ。

総量規制を計算すると、年収600万円の人でも借入上限額は、その3分の1である200万円までとなってしまいます。

住宅ローンや車のローンはその金額以上であることが一般的です。

教育ローンにしてもそうですし、太陽光パネルを設置するからといって、リフォームローンを組んでしまうと、あっさり総量規制を超えてしまうことが多いですね。

消費者金融業者が総量規制を気にするのは、貸金業法に定められているからです。

関連記事をチェック!

総量規制超えても借りれる銀行カードローン

カードローンの利用には必ず利用限度額が設定されます。 限度額は年収や属性によっても決定されますが、大前提として年収の3分の1を超えて消費者金融から借入することはできない、総量規制という規則があり...

総量規制超えても借りれる銀行カードローン

クレジットカードは?

e593d0108972c8afca2146c1f240ae33_s

クレジットカードを1枚だけでなく2枚や3枚持っている人も多いですよね。

消費者金融カードローンに申し込む場合、クレジットカードは他社借入件数に入れるべきかどうか、これも判断に迷うところです。

クレジットカードで考えなければいけないのは、クレジットカードの使い方としてショッピングに使うこと、キャッシングに使うこと、の2種類があることです。

総量規制に関係するのはどちらでしょうか?それとも両方でしょうか。

またショッピングの利用料金を1回払いではなく、分割払いやリボルビング払いをしていると、手数料と称する利息が毎月かかってきますね。利息がかかるということはお金を借りていることと同じ?ん?

ショッピングのみの利用は関係なし

YOTAKA85_OKdemashita15123949_TP_V

総量規制に含まれるのは、クレジットカードのキャッシングの部分だけです。

関連記事をチェック!

クレジットカードのキャッシングサービスとは

クレジットカードを申し込もうとしていると、入力画面の最後の方に「キャッシングサービス」という項目がありますよね。 この、キャッシングサービスというものが何なのかわからずに申し込みが途中で止まって...

クレジットカードのキャッシングサービスとは

ショッピングのみで利用しているのであれば、割賦販売法が適用され、貸金業法は関係ありません。

貸金業法が関係なければ、銀行貸付同様に総量規制が適用されることはありません。

支払方法は結果であって目的ではありませんよね。

最初は1回で引き落とししようと思ったけれど、事情があって分割払いやリボルビング払いにしてしまった、これは結果ですし、お金を借りたわけではありません。

たとえ利息を払っていたとしても、商品を購入した代金の分割手数料と考えるわけです。

よってショッピングのみでクレジットカードを利用している場合は、他社借入件数や他社借入金額に利用残高を入れる必要はありません。

ただしキャッシングを利用しているなら貸金業法が適用されるため、総量規制の対象となります。

そのときは、金額は多少あやふやだとしても、借入に利用しているクレジットカードの件数を記入しておきましょう。

総量規制に関する部分は信用情報機関に照会することでわかってしまいます。正確な金額でなくても構いません。

ただし50万円借りているのに10万円や20万円と書くのはちょっと開きがありすぎますね。

消費者金融業者にとって「お金の管理ができていないのではないか」と思われると、審査に影響しないとは言えません。

奨学金は入れるべき?

PAK105215319_TP_V

奨学金は他社借入件数や他社借入金額に入れるべきでしょうか?

ここでもう一度考えてみましょう。消費者金融業者が気にするのは、第一に総量規制です。

年収の1/3を超えて貸し付けてしまっては法律違反となり処罰されてしまいますから、最も気にする点ですね。

また市区町村が行っている奨学金や国が行っている日本学生支援機構は、貸金業者でしょうか?違いますよね。

確かにお金を貸し付けていることには変わりはないのですが、経済的な理由で進学することが難しい学生に支援しているお金であって、目的がはっきりしており、使い道が自由な消費者金融カードローンとは違っています。

また奨学金には貸与型や給付型の2種類がありますね。

お金を借りたからといって、どちらを利用しても信用情報機関に登録されることはありません。ということは消費者金融業者で審査しても、その事実さえわかりません。

たとえ書いてしまったとしても審査に影響することはほとんどないでしょう。

影響するとすれば、奨学金の返済を滞納した場合ですね。滞納してしまうと信用情報機関に登録されることになっています。携帯電話の契約と同じと考えるといいかもしれません。携帯電話の端末は、毎月の電話料金に分割で請求されますよね。

しかし携帯電話を契約したからといって、その情報が信用情報機関に登録されることはありません。信用情報機関に登録されるのは携帯電話料金を滞納したとき、つまり携帯電話の端末機器代を滞納したときです。

奨学金も返済の滞納をしなければ信用情報機関に登録されることはありません。

◆日本学生支援機構

関連記事をチェック!

他社からの借り入れとは、ショッピング枠は入るの?

すでにカードローンを利用している人が、他社借入する際に気を付けること、他社借入の審査への影響について説明します。 他社でのお借入状況 カードローンの申込書には「他社からの借入額」と記入する欄があり...

他社からの借り入れとは、ショッピング枠は入るの?

借入件数が多いと審査に影響する

OOK89_syakuyousyouhakokoniarimasu20131223_TP_V

借入件数と審査の関係、これは一概に言うことは難しいです。なぜなら貸金業法で規制されているのは、あくまでも総量規制であって借入件数までは規制していないからです。

貸金業者によってある程度借入件数を審査基準に組み入れている業者もあるようですが、業者によっては件数ではなく金額だ、としているところも多いです。

ただどうでしょう。カードローン契約した後、徐々に利用限度額が上がってきますよね。

初回の申し込みで利用限度額30万円だとしても、次第に50万円や80万円、100万円と上がってきます。

仮に利用限度額が50万円だとして3社から借りているとすれば、合計で150万円です。

150万円の利用限度額を利用するには、年収がおよそ500万円ないと厳しいですね。

年収が300万円の人なら総量規制は100万円ですから、利用限度額が50万円のカードローンを持っていると、2社契約で総量規制枠を使い切ってしまうことになります。

審査に影響するのは借入件数よりも総借入額であること知っておきましょう。

関連記事をチェック!

他社での借入状況が審査に与える影響

カードローンで借り入れを行っているけど、もう少しお金が必要・・・ そんな人は他社からの借入を検討しているのではないでしょうか。 しかし、追加で借入を行う場合は、借入状況が審査に影響を及ぼし...

他社での借入状況が審査に与える影響

借入5件では審査に落ちる!

17af45360557a4a0e2ca0a091d841770_s

前項で借入件数は審査と関係がない、関係あるのは総量規制の部分だけだとご説明しましたが、それは利用限度額が30万円50万円という具合に徐々に上がっていくことを前提にしてのことです。

それなら総量規制枠が100万円あるとして、利用限度額10万円ずつx他社借入10件、でも総量規制の範囲内となりますね。総量規制の範囲内なら審査に通る?

これはちょっと極端な例ですが、1件あたりの利用限度額が10万円ということは、それだけ申込者の信用がないという裏付けです。

信用があれば利用限度額が徐々に上がってきますので、利用限度額が10万円のまま延々続くということはないわけです。

10万円の利用限度額でカードローンを利用しているという人は、業者から見て利用限度額を上げるほど信用がないという見方もできるわけです。

他社借入件数が5件、それぞれの利用限度額が50万円あるなら合計額は250万円、年収にすれば700万円以上ないと契約できない金額です。

サラリーマンの平均年収は400万円から500万円と言われています。

1社あたり少なくても30万円の利用限度額があれば、5社契約で150万円の利用額ですね。そうすると年収は500万円程度ないと契約できません。

これを逆から考えてみると、年収500万円あるのに1社あたり10万円しか利用限度額がないというのは、それだけ利用者に信用力がないという証拠です。

信用力があれば少なくとも1社あたり50万円以上の利用限度額が与えられるのが普通です。

5社と契約して初めて総量規制に達する、これはちょっと信用力に欠ける、その結果審査に落ちてしまうということがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。消費者金融カードローンに申し込む場合、他社借入件数や借入金額をどこまで入れて計算するのかについて簡単にご説明しました。

重要なのは総量規制に関係する部分のみ申告すればそれでOKということです。

消費者金融業者は総量規制に関係しない部分について把握することができません。なぜなら銀行が貸し付けている契約額はデータの交流がなされないからです。

将来においてもデータの交流がないかと言うと何とも言えない話ですが、少なくとも現在のところ総量規制に関係のない契約については、消費者金融業者側は分からないのが現状です。

だからといって無計画に消費者金融カードローン利用することはおすすめしませんよ。

既に借金を抱えていながら新たに借金をするわけですから、きちんとした返済計画がなければ「借金地獄行きのバス」に乗ってしまったとなりますよ。

関連記事をチェック!

借金返済で生活が苦しい!借金まみれから脱出する方法

借金で苦しいというのは非常に辛いものですね。 精神的に追い詰められるだけでなく金銭的にも追い詰められるわけですから、仕事も手につかないという状況になってしまいます。 あらゆる手段を尽くして...

stop-1077973_640

関連記事をチェック!

早く借金を返済したい人必見!返す方法のコツ教えます

借金を返済する方法にコツなんてあるの?確かに魔法のように「借金をなくしてしまう」ということはできません。 しかしこのまま返済していっても、いずれ破綻してしまうと判断できるなら、何らかの方法を考え...

calculator-385506_640

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

おすすめ記事

  1. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 複数・・・

  2. 2

    最近は回りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか。 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困っていましたので個人間融資・・・

  3. img_2411

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. matome

    「また審査に通らなかった」 「別のカードローンだったら借り入れできるかな?」 と考えているあなた。確かに保証会社の違うカードローン会社へ申し込む、というのも一つの手だと思います。 一方、なぜ借り入れ審査に落ちてしまったの・・・

  5. 1

    むじんくんで借り入れを行う前に、事前にネット申込を行っております。(これが借り入れの最短方法) 仕事が終わった夕食を食べた後、アコムの無人契約機「むじんくん」へいくことにしました。19時すぎです。 今回は、千葉駅前支店で・・・

  6. sinsa

    私は近年アコムに数年ほど務めておりました。 ウェブで検索してみると、むじんくんでのカードローンの申し込みなどの記事が多く見受けられますが、 審査担当者側から執筆されている【むじんくんの裏側】に関して記述されているものは皆・・・

このページの先頭へ