自営業、個人事業主のカードローン審査基準

個人事業主はカードローンの審査に通りにくいという話はよく耳にします。

これって果たして本当の話なのでしょうか?

カードローンの申し込み条件は消費者金融にしても銀行にしても下記の2点だけです。

・年齢
・定期的な収入が安定して得られている

申し込み条件だけみれば個人事業主の方にとって不利になるような条件は課されていないように見えます。

となれば個人事業主が審査に通りにくいという話は単なる噂話なのでしょうか。

残念ながらこれは単なる噂話ではありません。

個人事業主の方すべてがカードローン審査に通りにくいわけではありませんが、個人事業主という職種自体がカードローン業者に警戒されているのは事実です。

「何故そんなことになっているのか!」個人事業主の方の中にはこの文書を読みながら心中穏やかでない人もいることでしょう。

ここで私が謝ってもいいのですが、そんなの個人事業主の方には何の意味もありませんよね。

それよりも何故そうなっているのかを理解してもらった方が絶対にスッキリするはずです。

その理由は社会的に見た個人事業主という職種に対する認識が大きく影響しています。

自営業、個人事業主の信用は低い

個人事業主という括りがあまりにも大きすぎ、この中で商売を営む方の規模や業種も様々で事業実態が掴めない個人事業主も多く存在するため、この職種を的確に評価する術がないのが実情です。

よって、下記のような長年染み付いた社会的概念でしか判断できません。

・収入が低い
・収入が安定していない
・事業主が突発的な事故等で働けなくなると収入が途絶える
・事業が長続きしない

つまり、個人事業主はお金を貸す側からすれば、端から返済能力に疑問符を付けざるを得ない数多くの問題がある職種と認識されているのです。

しかも、そう認識せざるを得ないデータも発表されています。

下記の個人事業主の休廃業・解散、倒産件数推移表を見てください。

年度 休廃業・解散件数 倒産件数
㈱東京商工リサーチ ㈱帝国データバンク ㈱東京商工リサーチ ㈱帝国データバンク
2006 20,637 23,999 13,245 9,572
2007 21,346 24,984 14,091 11,333
2008 24,968 27,361 15,646 13,234
2009 25,530 25,794 15,480 12,866
2010 26,544 25,138 13,321 11,496
2011 25,743 25,008 12,734 11,435
2012 27,825 26,050 12,124 10,710

この数値を見れば毎年約40,000件を超える休業、廃業、解散、倒産件数があるのがお分かりいただけるかと思います。資料:(株)東京商工リサーチ、(株)帝国データバンク調べ。
*(株)東京商工リサーチの件数は年、(株)帝国データバンクの件数は年度のもの。

これは累計数ではない上、毎年約20,000もの新しい個人事業主が誕生している中での数値なのです。

これだけでも個人事業主という職種の経営を継続していくことが如何に難しいか一目瞭然です。

となれば返済能力に疑問符が付けられても仕方ありませんよね。

そこで今回は何故、そのような事態になってしまったのかその理由を理解して、個人事業主がカードローンに申し込む際の注意ポイントを説明しながら、どうすれば問題なく審査に通過できるのかを解説していきます。

関連記事をチェック!

自営業が融資を受ける方法

銀行から事業資金融資を受ける 自営業者は個人で事業を営んでいるため、個人名で銀行から事業資金を借りることもできますし、個人名で銀行や消費者金融からカードローンなどの個人向けの融資を受けること...

自営業が融資を受ける方法

カードローン業者が抱く個人事業主への認識・・・

今も言ったようにカードローン業者が抱く個人事業主への認識は決していいものとは言えません。

よって、通常ならば形式的な確認だけで済むような事項に関しても、しっかりと確認しなければならないため、審査も綿密なものになってきます。

これは決してほかの業種と違った審査を行うということではなく、ほかの業種の方よりも時間をかけた審査が行われるという意味です。

決して勘違いしないようにしてください。

よって、個人事業主がカードローンに申し込んだ際は、下記のような条件が課せられることになります。

・申し込み条件、審査がともに厳しい
・審査に通っても借入限度額が低い

申し込み条件、審査がともに厳しい

基本的にカードローンの申し込みは下記条件に該当しない場合、運転免許書等の本人確認書のみで申し込みできますが、該当する場合は別途、収入証明書の提出が求められます。

・50万円を超える利用限度額に設定する
・今回の借入限度額と他社借入残高の合計が100万円を超える
(*この条件は消費者金融のカードローンに限る)

しかし、個人事業主の場合はこれら条件に関係なく、端から収入証明書の提出が求められるケースが少なくありません。

主要カードローン業者が収入証明書を求めるのは原則、下記条件の場合のみです。

・モビット
希望借入額と他社借入状況とで総合的に判断

・プロミス
希望借入額50万円超え、または希望借入額+他社からの借入残高が100万円を超える場合

・レイク
契約額100万円を超える場合

・アイフル
希望借入額50万円超え、または希望借入額+他社からの借入残高が100万円を超える場合

・アコム
希望借入額50万円超え、または希望借入額+他社からの借入残高が100万円を超え得る場合

・住信SBIネット銀行
希望借入額300万円を超える場合

・楽天銀行
希望借入額300万円以上の場合

各カードローン業者はこれら条件に該当しない場合は、原則、収入証明書の提出は必要ないとHP上で謳っています。

それが何故、個人事業主の場合は何か問題があったわけでもないのに、端からこの原則から外されてしまうのでしょうか?

これもやはり、個人事業主の収入の低さと収入の不安定さを懸念してのことでしょう。

仮に年収が500万円を超える申し込みであっても、申告数字だけでは信用できない、本当にその収入があるのかを確かめる必要があるというわけです。

また、収入証明書の提出を求める理由はそれだけではありません。

消費者金融をはじめとする貸金業者は貸金業法、銀行は銀行法という法律を遵守して経営を行っています。

そして貸金業法の総量規制という法律では年収の3分の1を超える貸し付けを禁じており、この法律を破ると業務停止命令等、法による処罰が課せられます。

また総量規制とは別に、貸金業法には、「貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借り入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない(貸金業法第十三条)」と貸金業者への事前調査に対して責任を課しています。

調査不足で総量規制に違反してしまったでは通らないのです。

よって、年収が低く、収入が不安定と見られている個人事業主の申し込みには慎重になり、貸金業者である消費者金融のカードローン申し込みでは収入証明書の提出が求められるケースが多くなってきます。

また、普通ならば収入証明書を取り寄せての審査とならないものが、個人事業主の申し込みではそれが必要となるのですから、当然、審査時間も長くなってしまいます。

また、先ほど言ったように収入面だけでなく全般的に慎重な審査が行われるので、特に収入が低い個人事業主の方が申し込んだ際には、消費者金融のカードローンが謳っている30分のスピード審査や即日融資は難しくなってくると考えておいた方がいいでしょう。

審査に通っても借入限度額が低い

カードローンは申し込む際に借入限度額の希望を聞かれます。

しかし、希望したからといって、その希望額が必ず通るわけではありません。

審査に通っても、通ったかた全ての評価が同じではなく、高い評価で悠々と審査を通過した方もいれば、ギリギリ審査を通過した方もいます。

よって、審査を通過したとしても、通過者へのカードローン業者の評価は同じではありません。

・悠々と審査を通過 → 返済能力が高い
・ギリギリ審査を通過 → 返済能力に心配は残るが、とりあえず大丈夫だろう

簡単に説明すれば上記のような評価になるわけです。

となれば、両者に借入限度額の差が出てくることは自ずと予想がつきますよね。

審査評価が高ければ高額、低ければ定額な借入限度額の設定が行われます。

この点で言えば、収入が低く、安定していない個人事業主は端から大きなデメリットが課せられていることになるので、仮に審査に通ったとしても高くて10万円くらいの借入限度額となるのが一般的です。

よって、それよりも高額な借入を求めてカードローンに申し込んだ場合、その期待は物の見事に裏切られる結果となることもあるとよく理解しておきましょう。

個人事業にしにも例外が!?

ここまで個人事業主の方にとってはマイナスイメージの強い話ばかりしてきましたが、そんな個人事業主の中には、今回話した内容にはまったく無縁の方たちも存在します。

それは下記のような個人事業主です。

・国家失格を取得して独立している個人事業主
・長期経営で、かつ安定した収入を得ている個人事業主

国家失格を取得して独立している個人事業主

医師や歯科医師、公認会計士や税理士、不動産鑑定士、弁護士など、「師や士」がつく国家資格を持っている個人事業主の場合は、収入が高く収入も安定しており、社会的信用も高いことから、基本的には何の問題もなくすんなりとカードローン審査を通過できます。

長期経営で、かつ安定した収入を得ている個人事業主

この場合も収入証明書の提出は求められるでしょうが、個人事業主が警戒されるマイナス要因が全てクリアされているので、収入証明書に問題がなければ、カードローン審査を通過できます。

先ほど言ったようにカードローン業者は個人事業主を借入対象外にしているわけではありません。

あくまでも安定した収入があることに拘っているだけなのです。

よって、条件をクリアしている個人事業主は、カードローン業者にとって願ってもいない上客となります。

該当する方は審査を長引かさないためにも、収支報告書を最低でも2期分提出することをおススメします。

それではカードローン業者の個人事業主に対する認識がどのようなものかが分かったところで、次の章からは申込時の注意点を説明していきます。

申込時の必要書類はコレ!

まず個人事業主がカードローンに申し込む際に必要な書類について詳しく説明していきます。

先に言ったように個人事業主の方は本人確認書だけでなく、収入証明書の提出を求められると思っておいた方がいいでしょう。

一般的にカードローン業者が認めている主な収入証明書は下記のとおりです。

・給与明細書(賞与明細書も含める)
・源泉徴収票
・市町村区が発行する所得証明書(住民税決定通知書など)
・課税証明書
・納税通知書

どこかに雇用されている方なら、簡単に用意できる給与明細書が収入証明書として認められているので、収入証明書の提出を求められても慌てることはありません。

しかし、個人事業西の場合、求められる収入証明書の類が雇用労働者とは大きく変わり、下記のようになります。

・確定申告書
・青色申告決算書
・支払い調書
・収支内訳書
・納税通知書
・所得証明書
・年金通知書
・給与支払い明細書
・課税証明書

項目に給与明細書がないことにお気づきいただけたでしょうか。

そうなのです。

求められる収入証明書はすぐに用意できるものが少なく、複数の書類提出が求められることも少なくありません。

確定申告書1つ用意すればいいわけではないのです。

しかも、求められる収入証明書は各カードローン業者によって違ってきます。

大手消費者金融のカードローン業者が収入証明書として認めているのは下記のとおりです。

モビット
・確定申告書
・税額通知書
・所得証明書

プロミス
・確定申告書
証明年度が前年度分、また1/1~3/31の期間中に申し込む場合は前々年度分でもOK
・税額通知書
・所得(課税)証明書
・青色申告決算書
・収支内訳書
・事業実態を証明できる書類(営業許可証、受注書、発注書、納品書、請求書、領収書、報酬明細関連する書類)
*報酬に関連する書類は直近1年以内のもの限定

レイク
・住民税決定通知書
・納税通知書
・所得証明書

アイフル
・確定申告書
・住民税決定通知書
・納税通知書
・所得証明書
・青色申告決算書
・収支内訳書
・支払い調書
・事業内容確認書(アイフル指定の書式で提出)

アコム
・確定申告書
収受日付印が押印されているもので、直近1期分の確定申告書B(第一)(写し)が必要。
また、借入限度額が100万円以上を希望する場合には、同条件で直近1期分の以下の書類も必要。
・青色申告
青色申告決算書の写し
・白色申告
収支内訳書の写し

収支報告書の中でも比較的短時間で用意しやすい確定申告書を認めていないところがある上、大抵のものが公的機関で発行及び、再発行してもらわなければならないものばかりです。

また、プロミスやアイフルのように本当に事業を行っているのかを確認するため、営業許可証等の提出を求めるところもあります。

営業許可証が必要な業種ならすぐ用意できますが、そうでない場合、受注書や発注書、納品書などを用意しなければなりません。

今は消費者金融の即日融資サービスが定着しているため、カードローンといえばすぐに申し込めて、すぐに借入できるという認識が強いのですが、これは申込時に本人確認書以外必要ない場合です。

よって、収入証明書の用意が簡単ではない個人事業主の場合、これらサービスを狙うのは無理でしょう。

しかし、どういった使用用途で借入を希望するにしても、申込時に必要な収入証明書の用意には時間がかかることをよく覚えておきましょう。

審査時の在籍確認には要注意!

消費者金融にしろ銀行にしろカードローン申し込み後の審査では在籍確認のため電話連絡が入ります。

これは申込者が申告している勤務先へ本当に在籍しているのかを確認するためです。

これは返済の糧となる収入があるかどうかを確認するためのものですから、カードローン申し込みにおいては必須作業になります。

そこで問題になってくるのが固定電話の有無です。

有限や株式を掲げている会社では固定電話が引かれているのは当然のことですが、個人事業主の場合、固定電話を引かず携帯電話で仕事をしている方が少なくありません。

しかし、これがカードローン審査においてはマイナス評価となるばかりか、固定電話がなければ申し込みNGとなることもあります。

「固定電話の有無だけでなんでそこまで?」と思われる方もいるでしょう。

実際、事務所に人がいることが少なく、仕事の電話も直接携帯にかかってくるという理由で、経費節減のため固定電話を解約した方もいることでしょう。

いらないものにお金を払う必要はないという考えは間違っていません。

しかし、常識的な判断基準としては、固定電話の有無は個人事業主の信頼性に大きく影響してきます。

もらった名刺の代表番号が携帯電話のものと、固定電話のものとではどちらの方が安心できる会社だと思いますか?

もちろん、後者の方ですよね。

事務所まで構えて起業しているのに会社の代表番号1つないでは、安心して取引できないと考えるのは当たり前の判断です。

そして固定電話に拘る理由はこれだけではありません。

個人事業主が営む経営は明確に職種指定できるようなものばかりではなく、実態があやふやなものが少なくありません。

マンションの一室で自宅と事務所を兼ねて仕事ができるのも個人事業主の大きな特徴ですから、携帯電話だけでは実際に指定した住所で働いているかどうか判断しづらいという問題があります。

よって、そんな条件が悪いところは端から相手にしないというカードローン業者も出てくるのです。

審査にしても人件費を使って行うので、決してタダではありません。

条件が悪く、貸し倒れする可能性が高い申込者よりも、ほかの申込者に時間を使った方が効率も良く、収益も上がるというわけです。

主要なカードローン業者の固定電話有無への申し込み対応は下記のとおりです。

・モビット 不可
・プロミス  電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください
・レイク 不可
・アイフル 不可
・アコム 可
・オリックス銀行カードローン 不可
・みずほ銀行カードローン 可
(仕事用携帯電話で直接申し込み専用ダイヤルを利用して申し込みすることが条件)
・三井住友銀行カードローン 可

主要消費者金融の大半が固定電話がなければ申し込みNGとしていることからも、カードローン業者が固定電話の有無を如何に信頼性を計る上で重要視しているかがお分かりいただけるでしょう。

個人事業主はこの点をよく理解して、申し込む際には電話の有無が条件になっていないかを確認するようにしましょう。

審査基準から学ぶ個人事業主が審査に通りにくい理由

個人事業主の方がカードローン申し込みで注意しなければならないポイントを理解してもらったところで、次は一番肝心な審査について説明していきましょう。

カードローンに申し込んだ後は、各カードローン業者によって審査が行われ、それに通過するとカードローンを利用できます。

よって、如何にこの審査に通るのかがカードローン利用で一番重要なポイントとなってきます。

審査は各カードローン業者によって若干の違いはあるものの、各社が決めた審査基準を元に行われ、合否が決められます。

その審査基準ですが消費者金融、銀行とも詳細を明らかにしておらず、明確なものは分かりません。

これは審査基準を公開するとそれを悪用して、審査に通りやすくしようという人が出てくるからだと言われています。

しかし、元銀行員や元消費者金融業者などの話から審査時にチェックされる大体の項目は分かっています。

審査時にチェックされる項目は属性と呼ばれ、一般的にチェックされる主な属性は下記のものが挙げられます。

・年齢
・勤務先
・勤続年数
・収入
・職種
・業種
・家族構成
・住居が持ち家か賃貸か
・健康保険の種類
・他社からの借入件数と借入残高

申込者が申告したデータをもとにこれら属性個々にスコアリングして、その総合点数をもとに審査通過の合否が判断されます。

1つの属性が持つ最高得点内で申込者の属性得点が決められ、すべての属性で得た総得点がはじき出されるのです。

その総得点が各カードローン業者が定める合格基準をクリアすれば、他に何か大きな問題でもない限り審査通過となります。

しかし、ここで注目して欲しいのが各属性に振り分けられた最高得点数です。

実は個々に振り分けられた最高得点数は属性によって違ってきます。

つまり、チェックする属性の中でも特に重要と考えられているものは最高得点数が高く設定されているのです。

よって、審査通過を確実にしたいのならば、高得点が望める属性において高評価を取ればいいということになります。

属性の中で重要視されているのは下記の5つです。

・勤続年数
・収入
・職種
・健康保険の種類
・他社からの借入件数と借入残高

よって、この5属性で高評価を得れば審査通過を確実にする可能性が大きく、逆ならば審査通過は難しくなります。

それではこの審査時のポイント評価方法を理解したところで、個人事業主が審査に通りにくいと言われる原因を検証していきましょう。

この説明を読めば、今日の個人事業主の方への認識が変わらない理由にきっと納得頂けるかと思います。

少し長くなりますが、最後まで飛ばすことなくシッカリと目を通してください。

個人事業主が審査に通りにくいと言われる理由は下記の3つです。

・収入に問題がある
・事業年数に問題がある
・個人事業主は休廃業・解散、倒産する確率が高い

①収入に問題がある

何度も言いますが個人事業主は「収入が低く、不安定」というのがカードローン業者の認識です。

これは一部そうでないところもあるでしょうが、個人事業主という職種の特徴を最も上手く表現しています。

というのも、個人事業主は小規模なところが多く、経営が安定していないところが多いのが実情だからです。

厚生労働省の発表によると開業後約半年は赤字経営となる傾向が強く、その間に顧客を拡大して黒字経営に転身していく傾向が強いそうです。

その点で言えば毎年約20,000件も開業され、約40,000件もの休廃業・解散、倒産が発生する個人事業主は、やはり収入において安定しているとは言えません。

ですが中には長年経営が順調で、安定した収入が得られている個人事業主の方もいるでしょう。

しかし、この個人事業主の場合も大抵は経費を多く計上するなどの節税対策を行っており、確定申告書上では実際の利益よりもかなり低くなっていることが大半です。

よって、返済能力を判断する上で最重要属性となる「収入」の審査で個人事業主が高評価を受けることはほとんど有り得ません。

大抵の場合は低評価、良くて並の評価がいいところでしょう。

また個人事業主の申し込みには下記のように、前年度年収を条件に加えているカードローン業者も少なくありません。

・広島銀行 200万円以上
・りそな銀行 400万円以上

この条件をクリアできなければ申し込みNGとなるわけです。

個人事業主が個人収入でこれだけの額を得ているのはごく一部でしょうし、仮に得ていてもチャンと申告しているケースは少ないでしょう。

また、申し込みNGと謳っていないカードローン業者でも、前年度年収を収入の評価ポイントに加えていることは十分推察されます。

よって、個人事業主はこの収入という属性においてはやはり、低評価となる確率が高くなるとしか言いようがないのです。

②勤続年数に問題がある

審査の際に収入よりも重要視されるのが勤続年数です。

いくら収入が多くても勤務年数が短期間では、この先継続してその収入が得られる可能性が低いと判断されます。

もちろん収入が多いに越したことはないのですが、審査判断においては基本的には収入の大きさよりも、勤務年数の長さの方が高い評価となるのです。

サラリーマンのような雇用労働者の場合、半年以上もしくは1年以上の勤務年数が審査クリアのための最低ラインと言われています。

この勤続年数は個人事業主の事業年数に当たるわけですが、この年数に関しても個人事業主は通常よりも厳しい設定が課されています。

公式サイトでは1年以上としているところも見かけますが、実際は3年以上が1つのラインとされているようで、実際に七十七銀行やもみじ銀行のように3年以上と明言しているところもあります。

よって、3年未満どころか1年未満のところが多い個人事業主にはかなり厳しい条件となり、クリアしたところで高得点が狙える事業年数のところはごく一部のため、全般的には低評価となることは避けられません。

③個人事業主は休廃業・解散、倒産する確率が高い

冒頭でも説明しましたが、個人事業主全般の社会的評価が低い理由の一つに、休廃業・解散、倒産する確率が高い点が挙げられます。

これはカードローン業者も同様で、審査属性の職種でも個人事業主は低評価となっています。

一般的に職種という属性において個人事業主は下記のように下位にランキングされています。

1. 公務員
2. 大企業
3. 中小企業
4. 自営業・個人事業主
5. パート・アルバイト

主婦やフリーターが多く属するパート・アルバイトよりは評価されていますが、なんとその他の職業の中では最低評価のランキングとなっているのです。

これでは、間違いなく職業という属性では低評価となってしまいます。

また健康保険の種類ですが、これは職種によって発行される種類が違ってきます。

よって、この種類によって勤務先や職種の裏付けができ、収入の安定性が確認できるので審査においては重要視される属性になっています。

その健康保険の属性における一般的なランキングは下記のとおりです。

1. 共済保険(公務員)
2. 健康保険組合(大企業)
3. 協会けんぽ(中小企業)
4. 国民健康保険(自営業・個人事業主・パート・アルバイト)

ご覧のとおり、ここでも個人事業主の持つ健康保険は最低評価のランキングとなっています。

以上のように、個人事業主が審査に通りにくいと言われている理由を検証してみると、審査時に重要視される属性のほとんどが低評価となる確率が高いことがお分かりいただけるでしょう。

つまり、個人事業主はカードローン審査に通りにくいと言われている原因は、カードローン業者の審査方法で低評価となる要因が満載なのです。

個人事業主が審査に通りにくいのは噂レベルの話ではなく、シッカリとした裏付けのある話だったのです。

個人事業主におススメは銀行の事業者向けカードローン!

消費者金融、銀行ともに個人事業主が申し込めるカードローンの種類には下記の2つがあります。

・個人向けカードローン
・事業者向けカードローン

個人事業主の方は資金繰りに困ってカードローンに申し込む方もいるでしょうが、実は個人向けカードローンは下記のように事業資金としての利用を禁じているカードローン業者が少なくありません。

・モビット 自由
・プロミス 自由
・レイク  不可
・アイフル 自由
・アコム  自由
・オリックス銀行カードローン 不可
・みずほ銀行カードローン   不可
・三井住友銀行カードローン 不可
(2016年12月現在)

仮に使ってもバレることはそうそうないでしょうが、これは契約時の利用規約にも記載されている契約事項ですから違反したことが判明すると契約違反となり、一括返済等の措置が取られることになります。

個人の信用情報にも記載されることになるので、それ以降はどのカードローンも利用できなくなるだけでなく、住宅や車などの各種ローンの審査も通ることはないでしょう。

カードローンを持っていればチョッとした資金繰りにカードローンを利用しないとは限りませんよね。

しかし、そんな危険を冒すのは愚の骨頂です。

そこでそんな愚行を犯すよりもおススメしたいのが、事業資金にも安心して使える事業者向けカードローンです。

関連記事をチェック!

個人事業主が事業資金を借り入れする方法

ローンというと、カードローンをはじめとした消費者金融などのローンを連想する方が多いかと思いますが、税務署に開業届を出して事業を行っている個人事業主は銀行や日本政策金融公庫などからの借入れが可能です。 ...

index_img01

事業者向けカードローンのメリット

事業者向けカードローンには個人の申し込みはできません。

それほど完全に事業者に向けたサービスを絞り込んだ専用カードローンなのです。

その特徴は下記のとおりです。

・事業資金としての使途が可能
・個人向けカードローンより低金利
・個人向けカードローンより利用限度額が高い
・総量規制の対象外

個人向けカードローンよりも好条件が揃っているので、個人事業主の方が申し込むなら事業者向けカードローンの方が断然おススメとなってきます。

各カードローン業者の事業者向けカードローンの各条件は下記のとおりです。

・オリックスVIPローンカードBUSINESS

金利6.0~17.8%
最高借入額500万円

・三井住友銀行カードローン

金利4.0~14.5%
最高借入額800万円

・住信SBIネット銀行 MR.カードローン プレミアムコース

金利1.89~7.99%
最高借入額1,000万円

・静岡銀行 ビジネスクイックローン

金利5.0~14.9%
最高借入額500万円

・アイフル ビジネクスト

金利8.0~18.0%
最高借入額1,000万円

・ビジネスパートナー スモールビジネスローン

金利9.98~18.0%
最高借入額500万円

・プロミス プロミス自営者カードローン

金利6.30~17.8%
最高借入額300万円

・オリエントコーポレーション クレスト・フォービズ

金利6.0~18.0%
最高借入額300万円

金利を見て「なんだあんまり個人向けと変わらないじゃないか」と思われた方もいるでしょう。

確かに消費者金融の場合は借入限度額が上がっていても、金利は据え置きなのが実情です。

しかし、銀行のデータを見てください。

借入限度額が驚くほど高額に設定されているものが多く、その上、本当に低金利のカードローンが多く見受けられます。

よって、事業者用カーでおローンに申し込む際は、まずは銀行の事業者用カードローンに申し込むに限るのです。

「でも、銀行は審査が厳しいし・・・」、「個人事業主となると・・・」そう思われる方もいることでしょう。

しかし、その心配はいりません。

その問題をクリアする方法はちゃんとあるのです。

信用保証協会付型で銀行へ再度カードローン申し込み

個人事業主がカードローンに申し込む際に一番ネックになってくるのは審査通過が難しいという点ですが、
残念ながらこの問題点は事業者用カードローンでも完全にクリアされているわけではありません。

よって、条件のいい銀行に申し込んでも審査NGとなる可能性は少なくありません。

となると、通常なら審査が銀行よりも甘いと言われる消費者金融への申し込みということになるのでしょうが、ちょっと待ってください。

消費者金融へ申し込む前にまずは、信用保証協会の保証付けを検討しましょう。

信用保証協会とは日本全国の各県に設置されており、中小企業や小規模事業者(個人事業主)の金融円滑化のために設立された公的機関です。

よって、個人事業主が事業資金の調達目的にカードローンへ申し込むなら、必ず大きな味方になってくれます。

しかも、ここの保証があれば大抵の金融機関で審査通過OKです。

公的機関が保証してくれるのですから、審査の厳しい銀行も貸し倒れがないので喜んで貸出してくれるというわけです。

しかも信用保証協会への担保は必要なく、個人事業主なら保証人も原則必要ないので安心して申し込めます。

こんないい話はありませんよね。

しかし、契約時には保証料が発生します。

下記は1例に過ぎませんが、借入額によっては保証料が高くなるのでその点だけよく理解しておきましょう。

(例)
借入額500万円、借入期間2年、保証料1%

500万円×0.01%×2=10万円

申込時の注意点はコレ

それでは最後にできるだけ審査に通りにくくする要因を排除するため、申込時に注意して欲しいポイントを説明します。

その注意点は下記のとおりです。

・申込時には絶対に虚偽申告をしない!
・確定申告を多めに調整するのは絶対にNG!
・0円申告、赤字申告は避ける!

①申込時には絶対に虚偽申告をしない!

これは個人事業主の方に限った話ではないのですが、申込時に相手から開示を求められる情報に対して虚偽申告だけは絶対にしないでください。

中には審査に通りやすくしようとして他社借入件数や、他社借入残高を誤魔化す方もいるようですが、そんなことはするだけ無駄です。

カードローン業者は審査時に申込者の過去から現在に至る信用取引が記載された信用情報を信用情報機関から取り寄せます。

これには現金借り入れだけでなく、ローン取引や、公共料金の支払いなど様々な信用取引内容が記載されており、その支払い状況や支払い残高、金融事故など取引に関係するありとあらゆる情報が網羅されています。

よって、申込時に虚偽申告してもここで必ずバレてしまうのです。

単なる記入ミスということもありますが悪質とわかるものはすぐさま虚偽と判断され、それだけで審査に落とされてしまいます。

こんなことで嘘をつく申込者は信用できないと判断されるのです。

当人は審査を通過するためのテクニック位にしか思っていないかもしれませんが、カードローン業者は決してそう判断してくれないことを肝に銘じておきましょう。

②確定申告を多めに調整するのは絶対にNG!

収益を高く見せようと確定申告書を操作する方が時折いるようですが、これは絶対におススメできません。

カードローン業者もそんな個人事業主がいることは先刻承知ですから、収入証明書として確定申告書単体での提出を認めているところは少なく、それを裏付けするための書類提出が求められるので徒労に終わることも少なくありません。

しかも、ありもしない売上を計上するわけですから、翌年はその分の所得税の支払いに追われることになります。

仮に審査に通ったとしても、カードローンで所得税の支払いをすることにもなりかねません。

十中八九、いい結末とはならないので絶対に止めるようにしましょう。

③0円申告、赤字申告は避ける!

カードローンの申し込み条件の1つは安定した収入があることです。

本当は収入があっても、収入証明書でそれが証明できなければ審査を通過することはできません。

よって、いくら節税対策だからといっても0円申告や赤字申告は絶対に止めるようにしましょう。

小規模経営の個人事業主の中には、このようなどを超えた節税対策を行っているところもあるようですが、こんな状態を継続していてはいつまで経っても社会的信用を得ることもできません。

カードローンでさえ審査を通過できないのですから、事業拡大のために借入しようとしても貸してくれるところは皆無でしょう。

そうならない為にも、度を超えた節税対策は避けるようにしてくださいね。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

このページの先頭へ