借金できる上限金額は?年収のいくらまで借りられるのか

執筆者の情報
名前:山本馬元
年齢:30歳
性別:男性
職歴:平成21年3月より信用金庫勤務

消費者金融は多くても年収の3分の1

総量規制とは

総量規制とは貸金業法に含まれる法律で、個人の借入総額が年収の3分の1を越してはいけないという内容のものです。

具体的には、借入総額が年収の3分の1になっていたら融資審査が通らなくなります。

総量規制ができた背景には、バブル崩壊後の多重債務者増加が関係しています。

バブル崩壊後の不景気において個人のキャッシング利用が増加しましたが、総量規制がない頃は申込人の返済能力を超えた過剰融資が行われており、多重債務者が増えました。

そこで2010年6月より、消費者の保護のため上記の総量規制を導入しました。

関連記事をチェック!

総量規制とは

貸金業法における総量規制とは 総量規制についてご存知でしょうか。まあなんとなく知っている、だいたい知っているという方が多いと思います。 総量規制について知っておくことはカードローンの契約、クレ...

関連記事をチェック!

年収3分の1とは?総量規制の計算方法

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に必ず聞くのが、総量規制という言葉。 2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された法律です。借入者の自殺者増加を防ぐため...

総量規制対象の融資と、対象外の融資がある

総量規制の概要は上記に記載した通りですが、全ての融資が総量規制の対象とは限りません。

例えば、住宅ローンを例に挙げます。

住宅ローンは数百万円から数千万円の融資となります。

もし総量規制の対象だとしたら、例えば1,000万円借りるためには3,000万円の年収がないといけないことになります。

これは現実的ではありません。

では、どのような融資が総量規制の対象なのでしょうか?

それは、消費者金融の融資です。

消費者金融ではカードローンやフリーローンを取り扱っていますが、それらは総量規制の対象となります。

例えば年収300万円の人が総量規制対象の融資を受ける場合、100万円まで(=300万円÷3)が、総量規制の範囲内となります。

もし既に消費者金融で100万円の融資を受けている場合、消費者金融で融資を申し込んだとしても審査に通ることはできません。

関連記事をチェック!

総量規制対象外!審査通るおすすめのカードローン

カードローンの申し込みをしようとしたとき、総理量規制のせいで希望額を借入できないということがあります。 その場合は総量規制対象外のカードローンを利用すればよいのですが、審査は総量規制対象のカード...

総量規制対象外のローン

総量規制対象外のローンは、総量規制対象のローン以外となります。

自動車ローン・教育ローン・住宅ローン・事業性融資などです。

ここで注意が必要なものとしては、銀行や信用金庫(以下、銀行系)が取り扱っているカードローンやフリーローンも総量規制の対象外となることです。

消費者金融の商品はカードローンやフリーローンがメインであり、商品内容や金利は消費者金融も銀行系も似たり寄ったりです。

また、銀行系で消費者金融の商品も取り扱っています。

ですが、銀行系で取り扱っている商品は、たとえ消費者金融の商品であったとしても、全て総量規制の対象外となっています。

関連記事をチェック!

消費者金融の借金は総量規制で年収の3分の1までしかできない?

金融機関から借金をするときは、金融機関が判断する貸付金額の他にも法律によって規制がかかることがあります。 これは貸金業法という法律の中の総量規制によるものです。 法律によって借入が規制され...


関連記事をチェック!

年収の3分の1以上でも借りれる方法

総量規制が2010年6月の貸金業法で法律が改正され、消費者金融では年収の3分1以上のお金は借りる事が出来なくなってしまいました。 執筆者の情報 名前:小川 馬吉(仮名) 年齢:3...

年収だけでは決まらない

消費者金融の借入可能額

消費者金融の業務は、カードローンやフリーローンなどの融資商品がメインです。

カードローンもフリーローンも、総量規制に沿って借入可能額が決まります。

ですが、フリーローンにおいては、必ずしも総量規制に沿って借入可能額が決まっているとは言えません。

例えば、土地や建物を担保に差し入れることにより、融資を受けることができます。

ただし、消費者金融だと全体的に融資利率が高いです。

土地と建物を担保に差し入れても利率は10%前後となる場合もあります。

カードローンにおいては年収によって借入可能額が決まりますが、フリーローンは場合によっては年収によって借入可能額が決まっているとは言えないことになります。

関連記事をチェック!

フリーローンとは?カードローンとの違い

自由にお金を使えるローンと言えばカードローンが思い当たりますが、その他に自由にお金が使えるローンとしてはフリーローンという商品もあります。 フリーローンはカードローンよりも利便性は低いものの、何...

銀行の借入可能額

上記の消費者金融に対して銀行は、融資を含み預金や保険・給与振込・公共料金の引き落としといった金融に関係する様々な商品を取り扱っています。

銀行系の融資には総量規制という概念はありませんが、いくらでも借りることができるというわけではありません。

銀行系の場合は、返済負担比率を基準に融資可能額を決めます。

返済負担比率とは、年収に対する年間の返済額の割合であり、以下の計算式で算出することができます。

返済負担比率=(年間返済額÷年収)×100

返済負担比率の目安は35%前後となっております。

返済負担比率の計算例を挙げます。

年収  :300万円
融資額 :200万円
返済期間:5年
金利  :2.0%

この場合、毎月の返済額は35,055円、年間の返済額は420,660円(=35,055円×12ヶ月)となります。

返済負担比率の計算式に当てはめると
返済負担比率=(420,660円÷3,000,000円)×100
=14.02%

消費者金融では総量規制より、年収300万円の場合200万円の融資は受けることができませんが、銀行系なら返済負担比率で計算し、今回は14.02%であったため融資を申し込む条件には合致します。

銀行系では年収以外にも返済負担比率に重点を置いています。

また、個別の案件となりますが、消費者金融と同様に土地や建物などを担保に差し入れることにより融資を受けることも可能です。

関連記事をチェック!

銀行系カードローンの借入限度額の上限はいくら?

カードローンといえば少額借入での利用が一般的です。 しかし、現在は銀行がカードローン事業に本格的参入を始めたこともあり、借入限度額が高額設定されたものも多くなってきました。 中には1,00...

カードローンは利用可能額が増減または取引停止となる場合がある

全てのカードローンには保証会社が付保されています。

保証会社では定期的に債務者(契約者)の業況(利用頻度や返済履歴等)より、利用額の増額・減額を行なっています。

関連記事をチェック!

銀行カードローン保証会社一覧

カードローン審査通過に重要になるのが「保証会社」です。 銀行カードローンの保証会社とは 銀行カードローンに申し込むと貸付条件に必ず次のようなことが書いてあります。 ・保証会社の保証を受けるこ...

増額となるケースでは、「利用頻度が多く毎月の返済が滞っていない」・「利用後、短期間で返済を行なっており効率よく反復取引を行っている」などが考えられます。

逆に減額となるケースでは、「利用頻度が少ない」・「全く使われていない」などが考えられます。

また、カードローンの利用ができなくなる「取引停止」となる場合もあります。

取引停止となるケースでは、「債務者が差し押さえや破産等となった」・「他の借入で金融事故を起こした」などが考えられます。

中小企業の場合の借入可能額

事業資金の借入可能額の目安とは

事業資金には「設備資金」と「運転資金」があります。

「設備資金」は物を購入するための資金であるため、購入する物の見積書から借入金額を決め、その借入金額を返済していくことが可能かを審議していきます。

「運転資金」は事業をまわす(運転)為に使う資金であるため、設備資金と違って、この資金のための借入という明確なものはありません。

運転資金の借入可能額の目安は、決算書や申告書の「損益計算書」より算出します。

「損益計算書」とは、一年間の事業活動を通して、最終的に利益が出たか、損失が出たかを計算する財務諸表です。

「売上高」からはじまり、「売上原価」、「販売費及び一般管理費」、「営業外収益」、「営業外費用」、「特別利益」、「特別損失」という流れになっています。

この中で、運転資金の借入可能額の目安は、「売上原価」と「販売費及び一般管理費」の合計の2~3割と言われています。

関連記事をチェック!

銀行融資枠はどうやって決定する?事業資金の決定方法

法人や個人事業主が銀行から借入可能な金額というのは、実はあらかじめ個別に決められています。 事業者の決算状況などから判断して、この会社はいくらまで総額で融資に対応すると決められており、銀行もその...

銀行融資枠はどうやって決定する?事業資金の決定方法

融資判断は定量面に加えて定性面も重視される

融資を申し込む際、決算書や試算表より、過去と現在の業況を聞き取りしながら進めていきます。

「定量面」とは「量(数値)」で判断できるもののことをいいます。

例えば、売上高、経費の内訳、一年間事業を行なった結果利益が出たか損失が出たかなどです。

定量面は書類だけ貰えば、代表者と面談しなくても読み取れる面です。

「定性面」とは、「性質」を判断するもののことをいいます。

例えば、代表者の事業に対する姿勢・考え、職場の雰囲気・職員のモチベーションなどです。

定性面は融資申し込みにおいてプラスにもマイナスにも影響があります。

定性面がマイナスの状態(代表者の事業に対する姿勢も意欲も消極的であったり、職員のモチベーションも低い)であると、金融機関職員からの心証も悪くなってしまいます。

融資は事業を向上させるための方法であるため、お客様サイドの姿勢も重要と言えます。

関連記事をチェック!

借入融資を受けられるかの判断は3つの数字

金融機関から借入を検討している企業は「自分の会社はお金を借りることができるの?」という疑問をよくもつと思います。 何も考えずに、銀行に申し込んでから断られるのは、気分が悪いものです。 そん...


関連記事をチェック!

日本政策金融公庫の融資審査基準

日本政策金融公庫とは 日本政策金融公庫とは、中小企業や個人事業主の資金繰りを助けるために、国が設置した財務省所管の特殊会社です。 国の所管ですので、銀行などから融資を受けられなくなった...

月商倍率より適正な借り入れ額を算出

適正借入額を算出には「月商倍率」という算出方法があります。

月商倍率とは、借入額が月商の何倍あるかというものです。

借入額は短期借入金・長期借入金・割引手形の合計となります。

業種によっても差はありますが、月商の3ヶ月以内が健全な状態、3ヶ月から6ヶ月以内が可もなく不可もない状態、6ヶ月以上は厳しい状態と言えます。

厳しい状態とは、現状の売上と利益では返済が難しいという状態のことを言います。

あくまでも目安であるため必ずしも上記の通りとは言えませんが、本当に必要な金額を無理なく返済できる範囲に抑えておくことが重要と言えます。

関連記事をチェック!

短期借入金と長期借入金の違いを知ってますか?

短期借入金とは 短期借入金利とは、1年以内で返済期日が到来する借入金です。原則として返済は一括で、利息は融資を受ける際に前払いします。 1年以内の借入金の融資方法は手形貸付という貸付方...


関連記事をチェック!

銀行から借入:手形貸付、証書貸付、割引手形、当座貸越

銀行から借入を受ける!融資科目による違い 一口に「銀行からお金を借りる」と言っても融資の方法は、実は様々な方法があります。 特に企業が銀行から融資を受ける際には、業態によってお金が必要なタイミ...

銀行から借入:手形貸付、証書貸付、割引手形、当座貸越

住宅ローン

住宅ローンの借り入れできる金額は、返済負担比率より算出します。

計算方法は上記記載の通りとなります。

住宅ローンの場合、申し込む金額が多額となるため、申込人の親・子・配偶者の誰か1名の収入を合算(以下、収入合算)することができます。

収入合算することにより年収を上げることができるので、借り入れできる上限も上げることができます。

合算金額は金融機関や商品によって異なりますが、全額合算できる場合と収入の半分まで合算できる場合があります。

住宅ローンの借入可能額の目安はフラット35の公式サイトへ

フラット35の公式サイトでは、住宅ローンに関する様々なシミュレーションを行なうことができます。

住宅ローンの借入可能額の計算は、「毎月の返済額」から算出する方法と、「年収」から算出する方法があります。

「毎月の返済額」から算出する場合は、「毎月返済額」・「金利」・「返済期間」・「返済方法」を入力すると借入可能額が算出されます。

金利においては「最新の金利情報」というリンクを押すと、金利が表示されます(○.○○%~○.○○%)。

フラット35の金利は取り扱い金融機関によって違うので、上記のような表示になっているので、正確な金利は申し込む金融機関に直接問い合わせるとよいでしょう。

また、フラット35の金利は、実行時の金利が適用するという点に注意しなければいけません。

フラット35の金利は変動しているので、申込時の金利より上がることも下がることも考えられます。

次に「年収」から算出する場合は、「年収」・「金利」・「返済期間」・「返済方法」・「他の借入金」を入力すると借入可能額が算出されます。

「他の借入金」を入力する欄があるということは、やはり返済負担比率を元に算出されていることとなります。

フラット35の収入合算は、収入の全額が可能です。

ただし、合算した額が収入合算者の年収の50%を超える場合は返済期間が短くなる場合があります。

フラット35の返済負担比率は35%が限界と言われています。

年収や他の借入金の有無にもよりますが、年収の8倍前後が借入可能額と言えます。

関連記事をチェック!

住宅ローンは年収の何割まで?借入可能額

年収はどのローンの審査においても重要な審査項目です。年収はカードローンにおいてもカーローンにおいても需要ですが、個人向けローンの最難関と呼ばれる住宅ローン審査において年収はどのように影響してくるのでし...

自動車ローン

自動車ローンに限られたことではありませんが、融資審査では「返済負担比率」と「個人信用情報」を重点的に審査されます。

自動車は日常生活をしていく上で多くの人が利用するものです。

よって融資審査も簡易的なものであり、何も問題がなければ数日から1週間ほどで手続きが可能です。

自動車ローンの借入可能額の目安は、他の借入金を含めた返済負担比率が35%以内と言われています。

自動車ローンにおいては、年収以内の額が借入可能額となります。

教育ローン

教育ローンも自動車ローンと同じく、融資審査では「返済負担比率」と「個人信用情報」を重点的に審査されます。

自動車も日常生活をしていく上で重要と言えますが、教育資金は更に重要と言えます。

教育資金が足りず教育を受けさせることができないとなると、日本全体の教育にも関わります。

教育資金の借入は、銀行系以外に、日本政策金融公庫など国の機関でも融資を受けることができます。

自動車ローンに比べて金利も低く、在学中は利息のみを返済することができたりと、様々な優遇がされています。

教育ローンにおいても、年収以内の額が借入可能額と言えます。

借金の返済限界

まずは一ヶ月の収支を確認

年収から借入可能額を算出することも重要ですが、毎月の収支の中で現実的にいくらなら毎月返済することができるかを把握することが重要と言えます。

融資審査で記載する年収は総支給の額であるため、実際は社会保険料などが引かれて手元に残る金額は年収より少ないです。

また、融資を受けるにあたって収支いっぱいいっぱいという借り方も良くないと言えます。

生活していく上で、収支のバランスが変わることも十分に考えられます。

余裕を持った返済計画を立てることは重要です。

債務整理の種類

債務整理は借金の額を減らしたり免除したりして生活を立て直すための手段と言えます。

大きく「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」の3つの方法があります。

任意整理

「任意整理」は返済期間を長期に延ばして毎月の返済額を抑える方法です。

債務整理の中で最も利用しやすく、メリットも多いです。

メリットとしては、他の債務整理と違って官報に掲載されることはないので、他人に知られるリスクが少ないということです。

また、裁判所へ行く必要もなく、書類も簡易であるため手続きが簡素という点です。

デメリットとしては、債務残高が減ったりなくなったりするということではないこと、個人信用情報に任意整理の履歴が残るため5年程度は融資やクレジットカードを利用することができなくなることなどが挙げられます。

関連記事をチェック!

任意整理とは

任意整理とは 任意整理とは、裁判所を通じた法的整理ではない債務整理の方法を指します。 裁判所を通じた法的整理は、債権者(貸主)が反対であっても従わなければならない「強制」整理であるのに対し、任...

個人再生

次に「個人再生」は、「借金の総額の5分の1、または100万円」のどちらか多い額に減らすという方法です。

個人再生は比較的新しい制度であります。

メリットとしては、毎月の返済額が抑えられること、自己破産と違って資産(家や車など)を手放さなくてよいこと、給与などの差し押さえ等がされなくなることです。

デメリットとしては、任意整理と同じく個人信用情報に登録されるため融資やクレジットカードを利用できなくなること、官報に記載されるため他人に知られる可能性があることです。

関連記事をチェック!

個人再生とは

個人再生とは 個人再生とは、裁判所の決定に基づき、最低返済額を3年間(36か月)で分割して支払い、その後に最低返済額を超える残りの借金を免除してもらうことができる制度です。 個人再生手...

自己破産

最後に「自己破産」は、全ての債務を免除してもらう方法です。

メリットとしては、全ての債務が免除されること、給与などの差し押さえ等がされなくなることです。

デメリットとしては、個人信用情報に登録されるため融資やクレジットカードの利用ができなくなること、官報に記載されること、就ける職業に成約(警備員や士業等に就けなくなる)が課せられることです。

関連記事をチェック!

自己破産とは

自己破産とは、借金がある人が裁判所に申し立てをすることで、その人の借金をゼロにするという制度です。 我が国は資本主義を採用しています。そして、資本主義社会においては全ての人は経済的リスクを背負い...

自己破産や任意整理をしなければいけない状況とは

自己破産や任意整理を行なうと、債務をなくしたり毎月の返済額を下げたりすることができますが、社会的信用を失うこととなります。

社会的信用を失うと、5年から10年程度は融資を受けたりクレジットカードを作ったりすることができなくなり、生活していく上で様々な制約ができてしまいます。

ですが、今後の返済が見込めなかったり、毎月の収支が赤字で自転車操業状態になっていては債務を減らすことはできません。

今後の生活を立て直す上で債務整理は重要なことと言えます。

▲相談無料。24時間全国対応▲

債務整理は、いつ行なうべきか

債務整理は借金がいくらあれば行えるといった基準はありません。

収入に対して借金の返済が追いつかないという状態になった時、債務整理に踏み切るべきだと考えられます。

債務整理にはいくつかの方法がありますが、どのタイミングでどの手続きを行えばよいのでしょうか?

それは、支払いが可能か否かで判断するとよいでしょう。

もし返済額を減らすことによって継続した返済が可能であれば任意整理を、今後も支払いができない(支払い不能という)ということであれば、自己破産を行なうことになります。

関連記事をチェック!

債務整理とは借金を合法的に減らす手段

債務整理とは、消費者金融業者(いわゆる「サラ金」)や信販会社(クレジットカードのショッピングやキャッシングなど)に対する借金を整理することです。 この借金の整理には、法的整理と私的整理の2種類が...

まとめ

融資を受けるということは生活を豊かにしたり資金の流れを円滑にすることができ、生活にとても密着したことと言えます。

融資を受けると、必ず返済を行なっていかなければいけません。

返済が遅れると、借入しづらく(融資審査に通りづらく)なったり、最悪の場合は債務整理を行い様々な制約を課せられた生活を行なわなければいけなくなってしまいます。

そうならないために総量規制などの法律も作られてきましたが、依然、多重債務者は多く存在します。

融資を受けるにあたって、事前の計画や準備はとても重要と言えます。

逆になんの計画もなく融資を受け、返済が不能となり債務整理を行なわなければいけない状態になってしまっては生活が不自由になってしまいます。

生活を豊かにしたり、事業を向上させるための融資であるため、融資を受けた以降の計画もしっかりと立て、プラスになる融資を受けましょう。

関連記事をチェック!

借入金とは返済計画があらかじめ決まっている借金のこと

会社経営者は借入金とは切って切れない縁があります。 会社経営には借入金はつきもので、借金自体は悪いことではありません。 借金とはうまく付き合っていくことが最も大切ですが、無計画に銀行に言わ...

関連記事をチェック!

明るい借金生活に必要なのは正しい借金返済計画?

どうも馬太郎です。借金をするにしても、人によって借金の受け止め方は様々です。 私の友人も借金を抱えている人が多くいます。その人たちの話を参考に、明るい借金生活には何が必要か、考えていきます。 ...

この記事の執筆者

山本馬元
大学時代は心理学を専攻。
金融機関へ就職は、金融機関という世間的にイメージの良い業界で働きたいという理由があった。
その中で、地元の金融機関で融資業務に携わり、腰を据えてお客様と相談し融資を行いたいという希望もあった。
入庫後は渉外担当者として預金や保険を中心に個人との取引に従事。
入庫後4年目には融資担当者となり、当初希望していた係りに付く。
融資商品を取り扱う中で、商品の上辺だけではなく深い知識を学ぶ。
また、融資は型にはまった仕事ではなく、同じ商品でも様々なケースがあり、日々、様々な案件をこなし、知識・経験を深めている。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミスレディース
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 急な出費でお金がない!お金に困った場合の対処法

    怪我・家電の故障・慶弔など、急にお金が必要になることは人生でよくあります。 とはいえ、貯金がなくてどうしようとなることも多いでしょう。 今回はそんなピンチを乗り越える方法を見ていきましょう。 急な出費で困ったらときの対処・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 借入審査に落ちた時に考えられる理由を全てまとめてみた

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  3. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が甘い通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が甘い通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を・・・

  4. 今すぐ即日即金で5,10万円作る方法【お金を借りる必要なし?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法を紹介します。 即金作るには稼ぐか、借りる  方法 利用額 現金 質屋 品物次第 即日 買取 品物次第 即日 日払いバイト ~2・・・

  5. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・