今すぐお金が必要?支払いを減らすことも考えてみよう

 

今日食べるお金がないならフードバンク

お金がなくて、今日食べる物がないという状態なら、早急に解決しないといけない問題です。

ひと昔前のように、パン屋さんに行って切れ端を貰ってくる、八百屋さんに行って処分してしまう野菜を貰ってくるというのは流行らないです。

食べるものがない方のために、農林水産省が率先して行なっている事業として「フードバンク」というものがあります。

フードバンクとは、食品企業の製造過程で規格外となってしまい、廃棄処分となるような製品を無料で引き取り、各福祉団体やNPO法人などを通じ、ホームレス支援団体などに提供するシステムです。

フードバンクの団体は各地方都市に設置してあることが多いため、市区町村や福祉施設に問い合わせてみましょう。

そうすれば今日、明日食べる分くらいは何とかなりますよ。フードバンクの詳細は農林水産省の公式サイトのリンクを貼っておきますので、詳しく知りたい方は是非参照してください。

各地方都市にあるフードバンクの紹介もしていますし連絡先も載っています。 今すぐお金が必要という理由が食べるものに関することならフードバンクで解決できそうですね。

フードバンク 農林水産省

家賃の滞納はどうする!

c978e5623072dd5efed59e1b2f426010_s

今すぐお金が必要な理由が家賃に関することだとすると、強制退去させられることもあります。

今日が家賃の支払日だったことをすっかり忘れていた、急な出張のために支払うと思っていたのに忘れてしまったということはよくあることです。

まずやっていただきたいことは、大家さんに連絡するか不動産の管理会社へ連絡することです。ひと言連絡しておけば、いつなら支払うことができるのか、という話になっていくと思います。

何も言わずにそのまま放置するのは相手の心象を害するだけでなく、強制定期に部屋の鍵を交換されてしまった、そのため中に入ることができなくなってしまった、という事態も想定できますよ。

信頼関係を壊してしまうと、今後支払いの約束を守れなかったときに「待ったなし」となることも出てきますね。それに大家さんに連絡さえしておけば民法上、賃貸契約の一方的な解除はできない規定を利用可能です。

家賃の支払いができないということを放置せず必ず連絡しておきましょう。連絡さえしておけば家賃を滞納したとしても、鍵を交換されてしまうことはありません。

しかし何も連絡しないと、契約不履行ということで強制退去の手続きを取られるおそれがあります。

強制退去の手続きは裁判所を通じて行うことですから、即日退去ということはないにしても、損害賠償請求されることがないとは言えません。

今月はちょっと家賃払うのは厳しいな、と思ったらできるだけ早く大家さんに連絡を入れるようにしておくと安心です。

ライフラインの優先度は?

3d2ba348b3eabc8497c040de55694568_s

今すぐお金が必要というそのお金がライフラインの支払いでも、支払期限に間に合わずにすぐ止まるということはありません。何度も催促されて最終期限を切られているのでなければ、それほど慌てる必要はないでしょう。

電気が止まるのはいつ?

ライフラインはどれが止まっても困りますね。 ライフラインを項目別に考えてみましょう。

まずは電気料金ですね。電気料金を滞納したらどうなるのか、支払期限を過ぎてしまったらすぐ止まってしまうのではないだろうか、と考えるのは誰もがそうです。

電力会社によっていつ止まるのか、多少異なることもありますが多くの場合、検針日から30日以内やってくる第1回目の支払い期限がありますね。

でも第1回目の期限の日を超えたからといってすぐ電気が止まることはありません。一般的には第1回目の支払い期限日から20日目に2回目の支払い期限日があり、それが最終期限日です。

つまり検針日から考えれば、電気が止まるまでは50日間の猶予があると言えます。 検針日がいつかわからなくても検針票を置いていきますね。

その検針票には支払い日が書いてあると思います。その支払日から20日間は電気が止まらないと考え、今お金が必要だとしても優先順位を若干下げましょう。

水道が止まるのはいつ?

水道料金に関しては市区町村が管理していますので、いつ止まってしまうのか分かりません。上水道と下水道が交互に毎月請求してくる自治体や、上水道と下水道を合計して2カ月に1回請求してくる自治体があります。

多くの場合支払い期限から1カ月を超えると催促状が来ます。それでも支払わない場合、督促状や勧告状が送られてきます。

それでも支払わないと「給水を停止しますよ」という予告書が届きます。水道が止まるのは給水を停止するという予告書が届いた2日後ないし3日後となるようです。

日数的に言うと、支払い期限から催促状が届くのが30日後、督促状や勧告状が来るのがその2週間後、給水停止予告が来るのがさらに2週間後。

実際水道が止まるのがその2日から3日後。つまり支払い期限から給水が止まるのが60日後くらいとなります。

水道止められると困りますね。実際止まるのが60日後だとしても、それでもやはり払えないとなったときは、市区町村の担当者と相談するべきです。

あまりギリギリになってから相談するよりも、できれば督促状や勧告状が届いたあたりで相談するのがいいですね。

ガスが止まるのはいつ?

ライフラインの3つ目はガスですね。都市ガス、プロパンガスによって止められてしまう日にちが異なります。

通常は第1回目の支払い期限日は検針日の翌日から30日目となります。後の流れは電気や水道と同じように、催告書や督促状、停止予告書届いた後ガスが止まります。

ガスは意外と早く止まるライフラインのひとつで、支払い期限から20日くらいで止まる都市ガス会社があるようです。ガス会社の中には督促状が届いてから、30日でガスの供給が止まってしまうことがあるようです。

いずれにしてもガスが止まる前には停止予告書が届きます。黙って止まるということはありませんので停止予告書が届いたらすぐガス会社に連絡しましょう。

もっともそれよりも督促状が届いた時点で連絡する方が、ガス会社としても話し合いに応じてくれる可能性があるでしょう。ライフラインの中では優先順位が高いのはガスですね。次に電気、水道という順番になることが多いです。

携帯電話が止まるのはいつ?

携帯電話が止まったとしても、電気、ガス、水道のようなライフラインに比べれば、さほど生活に支障がないため、比較的早く止められてしまうことが多いようです。

携帯電話会社によっていつ止まるのかは多少異なるとしても、支払期限日から30日でとまると考えておくといいかもしれません。

インターネットのプロバイダ料金も一緒に支払っている状態だと、電話だけでなくインターネットも使うことができなくなってしまい、仕事の内容によっては支障が出てしまいますね。

仕事で使っている方なら優先順位はガス料金と同じと考えるといいでしょう。

支払い期限から30日をひとつの目安として考えておきたいですね。

以上のように今すぐお金が必要だというものが、ライフラインや家賃に関することだとすれば優先順位が決まってきます。

一旦紙に書き出し整理しましょう。待ってもらうことができるなら待ってもらう、待てないところは先に払うという考えで乗り切るのが方法です。

待ってもらっている間にアルバイトをする、または給料が入るとなれば順番に支払って行くことができるでしょう。

家計費で見直ししたいこと

0e7ce46af2920ad048c196e55afdcb07_s

今すぐお金が必要という状態が少しでも緩和できれば、次に考えたいのが家計費の見直しです。家計費の見直しをしないと、再び生活が苦しいという状態に陥ってしまう可能性が高いですね。

何か無駄遣いをしていないかなど家計簿をつけることをお勧めします。

1カ月の収支を「見える化」にすれば「こんな無駄遣いしていたのか」ということに気がつくことでしょう。

固定費の見直し

生活費用見直すのであれば、毎月一定額がかかってしまう固定費を何とかしたいですね。

新聞代や雑誌代、生命保険料や自動車の保険料、携帯電話料金、プロバイダ料金など、何もしなくてもかかってしまう費用は見直すと結構浮いてくるものです。

インターネットの普及によりニュースや必要な情報は紙媒体に頼ることなく、いつでも手に入れることが可能です。

生命保険料や自動車の保険料も営業担当者の勧める通りに契約し、必要もない大きな金額をかけているということもないとは言えませんね。

携帯電話の料金やプロバイダの料金も今は低価格競争となっており、出来るだけ安い会社と契約すればそれだけ毎月お金が浮いてきますね。

契約期間があって途中で契約を見直すことが難しいこともあります。そのときは違約金がかからないように契約期間に合わせて見直すことが必要ですね。

食費の見直し

それほど高価な食材を使っているわけでもないのに、食費がなぜか高い。買ったのはいいけれど、冷凍庫にそのまま保存してあるということはありませんか。野菜を買っても腐らしてしまうのではもったいないですね。

肉でも魚でも毎日食べるものなら固定費と同じです。少し質を落としてもそれほど変わらないものです。セール時間や特売日利用するなど上手な買い物をしましょう。

 

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解説します・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【ちょっとグレーな金稼ぎ】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法をグレーなものから、ホワイトなものまでご紹介します。 グレーの闇バイトで即金 求人サイトなどに掲載されている「短時間なのに、なぜ・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・