借りやすい消費者金融

カードローンを申し込むとき、とにかく申し込めるだけ申込むという方法はやめておきましょう。

なぜなら、一度に大量に申し込むと申込ブラックと言って、審査に通りにくくなるのです。

そのため、カードローンに申込むときは、借りやすい消費者金融を見極めて申込先を絞るようにしましょう。

では、借りやすい消費者金融とは、いったいどこなのでしょうか。

大手消費者金融は借りやすい?

消費者金融の中には、アコムやプロミスモビットといった名前をよく聞く大手消費者金融と、あまり知名度のない中小消費者金融が存在します。

消費者金融の中でも、大きさによって借りやすいかどうかが違いますので、まずは大手消費者金融について説明しましょう。

大手消費者金融は、銀行と比べて借りやすいとよく言われます。

大手消費者金融は銀行カードローンよりも借りやすい傾向にあり、銀行の審査には通らなかったのに大手消費者金融では審査に通ったということは特別珍しくはありません。

しかし、だからといって大手消費者金融が絶対的に借りやすいというわけではないのです。

大手消費者金融では、IR情報として新規貸し付け率を公表しておりますので確認してみます。

金融機関 審査通過率
アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ 約48%
アイフル 約47%
モビット 非公開
プロミス SMBCコンシューマーファイナンス 約43%
新生銀行カードローン「レイク」 約32%

大手消費者金融はたしかに銀行カードローンであるレイクと比べると審査通過率は高くなっていますね。

しかし、一番高いアコムでも審査通過率は約48%ですので、50%を超えている大手消費者金融は存在しないのです。

私が審査して、3人連続審査落ちとかもありましたから、とても消費者金融の審査が甘いという話は信憑性に欠けます。

消費者金融は銀行カードローンよりも借りやすいのは事実ですが、決して簡単に審査に通るというわけではありません。

関連記事をチェック!

審査の甘いカードローン業者からお金を借りたい!

どこか審査の甘いカードローン業者はないか、探している人も多いことでしょう。どうしてもお金が必要だと申し込んでみたら、やっぱり不合格では切なくなってしまいますね。 原因はあれかな、思い当たる節があ...

08195bd0b98111b4ff04ba259c4c49bf_s

手続きが早くて借りやすい大手消費者金融

大手消費者金融は借り入れの手続きは非常に早くて簡単なので、審査という点を抜かせば間違いなく借りやすいと言っても問題はありません。

  • 即日融資も可能
  • 日本全国のコンビニで借りれる

この二つの特徴を全ての大手消費者金融が満たしています。

無人契約機を使えば、一番遅いところで夜の22時までカードが発行できますし、対応しているATMにはセブン銀行やローソン銀行が含まれているため、時と場所を選ぶことなく利用することができるのです。

大手消費者金融一覧
カードローン名 実質年率
限度額
審査時間
収入証明書原則不要額
モビット 3.0%~18.0%
800万円
最短30分
必要
アイフル 4.5~18.0%
500万円
最短30分
50万円
プロミス 4.5~17.8%
500万円
最短即日
50万円
プロミスレディース 4.5~17.8%
500万円
最短即日
50万円
アコム 3.0%~18.0%
800万円
最短30分
50万円

※全てのカードローンにおいて申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

関連記事をチェック!

スピード融資カードローン

最短即日振り込みに対応しているカードローンを紹介します。 ※口座への振込の場合、振り込みが15時までとなりますので、カードローンは14時までに申し込みを済ませたほうがいいでしょう。 ...

supi

中小消費者金融は借りやすい?

大手消費者金融は、手続きという意味では非常に借りやすいですが、審査の通りやすさではそこまで簡単というわけではありません。

一方、中小消費者金融に関しては、審査が緩くて借りやすいと表現してもいいかもしれません。

なぜかと言えば、ブラックの方にもお金を積極的に貸すからです。

大手消費者金融は銀行カードローンよりは借りやすいのですが、半数以上の人は落ちてしまうことからわかる通り、すこしでも属性に悪い部分があれば厳しいと言えます。

例えば、過去に自己破産をしたことがあり、その記録がいまだに信用情報に残っているという場合にはほぼ確実に審査を通過することはできないでしょう。

一方、中小の消費者金融はそういうブラックの人でも融資してくれる場合があるのです。

そういった意味で、中小消費者金融は借りやすい消費者金融ということができます。

ブラックでも借りやすい中小消費者金融

通常であれば、自己破産した人にいくら2年経過したからと言っても、お金を貸すのは早過ぎますがそれでも実際に貸している中小消費者金融は存在します。

こんな人にはお金絵を貸せないと大手で烙印を押された人も中堅の消費者金融は審査して、融資する事が多いです。

なぜ中小消費者金融ではブラックでも借りやすいのかというと、お金を初めて借りる時にいきなり中堅の消費者金融に行く人は非常に稀で、ほとんどの人はまずは大手消費者金融に行きます。

そのため、大半は大手消費者金融で借りられなかった人ということになります。

大手消費者金融と同じ厳しさで審査をしていては融資を行う相手がい無くなってしまいますので、中小消費者金融は大手消費者金融よりも借りやすくなっているのです。

中堅消費者金融一覧
カードローン会社 実質年率
限度額
審査時間
収入証明書原則不要額
キャネット 15.0~20.0%
300万円
最短即日
50万円
エイワ 17.9507~19.9436%
50万円

スカイオフィス 15.0~20.0%
50万円

フクホー 7.3~18.0%
200万円
1~2週間
必要
AZ株式会社 7.0%~20.0%
1000万円

必要
しんわ 7.0%~18.0%
300万円

50万円未満
キャレント 7.8%~18.0%
500万円

必要
中央リテール 10.95%~13.0%
500万円

必要
キャッシングアロー 15.00%~19.94%
200万円

必要


関連記事をチェック!

なぜブラックリストでもお金を借りられるのか

大手消費者金融だとほぼ不可能なブラックリストの人へのお金の貸付。 クレカ支払いの延滞や、債務整理等を行ってしまった(または金融事故を起こした)ことで信用情報に「異動」という表記が行われると、ブラ...

なぜブラックリストでもお金を借りられるのか

借りやすい消費者金融

ここまで説明した通り、銀行カードローンよりは大手消費者金融、大手消費者よりもさらに中小消費者金融の方が借りやすいのです。

大手消費者金融や中小消費者金融の中でもそれぞれ借りやすい消費者金融というものが存在します。

私がカードローン会社に勤めていたころ、口コミで借りやすい消費者金融として噂になっていたのは、大手消費者金融だとアコムとアイフル、中小消費者金融だとスペースと北海道キャネットです。

アコムとアイフルは実際に審査通過率を見てみると大手消費者金融の中でも高い値になっていました。

結構お客さんがボソッとこぼすのですが、アコムさんとアイフルさんは本当に・・・的な話をする女性が多かったです。

また、中小消費者金融の中で比べると、スペースと北海道キャネット、この2社は化け物との呼び声も高い会社です。

自己破産した方でも、在籍確認なしでの借り入れや1度に100万円超えの融資などの離れ技をします。

大手消費者金融ではそもそもブラックリストの人は借り入れできませんし、そうでなくても在籍確認を必ず行ったうえで属性が悪い人には融資額も50万円以下で貸付します。

大手消費者金融ではアコムとアイフル、中小消費者金融ではスペースと北海道キャネットが借りやすい消費者金融です。

消費者金融から借りやすいのは3月

また、消費者金融ごとの借りやすさの違いの他にも、多くの借入申込者が知らない情報ですが、借入しやすい時期というものが消費者金融には存在します。

一年間の中でいえば決算月がそれに当たります。

決算月というのは売り上げが確定する月なので、どこの消費者金融でも、少しでも売り上げを上げて黒字幅を大きくしておきたいと考えるのです。

具体的に言えば、私が在籍していた頃の決算月は3月でしたので、3月が一番借入しやすかったです。

基本的にはカードローン会社の決算月も3月になっており、時期を問わないのであれば3月に申込むのが最も消費者金融から借りやすいでしょう。

各カードローン会社の決算月

アコム 3月
プロミス 3月
アイフル 3月
モビット 3月
新生銀行 3月
楽天銀行 3月

一年間の中ではなく、月単位でも消費者金融から借りやすいタイミングがあります。

1ヶ月の中でいつが一番借りやすいのかは先ほどの決算月が一番借りやすいという事からもなんとなくわかるでしょうが、月の中では月末のノルマがかかった最終週が一番借入しやすいです。

カードローン審査担当者にも貸付のノルマが課されているため、売り上げ達成のめに月末は審査が少し緩くなりがちです。

そのため、本来なら当落線上で頭を悩ます人でも月末なら融資に傾きますね。

もしあなたが借入審査が不安、お金が必要な時まで時間があるようでしたら、3月まで待つか、そこまで待てないということであれば月末に申込すれば消費者金融から借りやすくなります。

関連記事をチェック!

【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

カードローンに申込むとき、少しは審査に通るかどうか心配になりますよね。 ですからやっぱり審査が甘い通りやすいカードローンが知りたくなると思います。 しかし、果たしてそんなものはあるのでしょ...

header_logo

消費者金融で借りやすい人

借りやすい消費者金融も重要ですが、結局は申込者によって審査結果は変わりますので、消費者金融で借りやすい人の特徴を知っておきましょう。

年収

まずは年収が非常に重要です。

消費者金融では年収が0の人は絶対に借り入れできませんので、まずはなによりも収入をしっかり得ているのかどうかを確認されます。

銀行であれば500万円以下の借り入れなら収入証明がいらないところもありますが、大手消費者金融では50万円を超える場合、中小消費者金融では借り入れ金額にかかわらず必ず収入証明書を提出しなければなりません。

どちらかというと収入の多さよりも安定性が重要ですので、金額があまり多くなくても長期間安定している場合は借りやすくなります。

関連記事をチェック!

年収と借金限度額、借入上限は

そもそも借金には限度額はあるの? 個人が借り入れできる上限に限度額というのはあるのかな?と疑問に思っている方はちょっと認識が足りないですよ。 借入できる上限に限度額がなければ、いくらで...

年収と借金限度額、借入上限は

他社借入

他社借入が少ないほど消費者金融では借りやすくなります。

消費者金融には総量規制がありますので、すでに年収の3分の1を借りている場合には消費者金融の審査に通ることはありません。

もし消費者金融から借り入れをしていても年収の3分の1までに余裕があればとくに借りにくくなることはありません。

他社借入は信用情報に記録されており、消費者金融はそれを確認することができるため、申込で嘘をついても意味はありません。

関連記事をチェック!

他社の借入件数と審査への影響。消費者金融何社までOK?

消費者金融カードローンに申し込むときに考えてしまうのが、他社の借入件数をどこまで書けばいいのかということですね。 借入申込書には嘘を書かないようにしよう、は原則だと言っても、いざ申し込むとなると...

e593d0108972c8afca2146c1f240ae33_s

関連記事をチェック!

消費者金融の他社借り入れ状況の嘘は基本バレる。しかし抜け道も.

カードローンを申し込む際、他社からの借入状況を申告する必要があります。残念ながら他社借入の嘘は必ずバレます。 なぜ他社借入の嘘がバレるのか、また、バレた時のペナルティを説明していきます。 他社...

aaaaa

信用情報

信用情報には他社借り入れ状況以外にも、返済状況や債務整理の記録などが記録されています。

審査ではそういった信用情報も判断材料となります。

過去にローンやクレジットカードの支払いが遅れた人はそれが影響して借りにくくなりますので、気になる方は一度自分の信用情報を確認してみましょう。

関連記事をチェック!

【馬三郎が】信用情報機関の情報開示請求を調べてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 前回の記事では信用情報とは何なのかを説明しました。 [article link="http://hihin.net/?p=460"] 信用情報の存在を知っ...

CRIN

申込ブラック

冒頭で言及したように、短期間で申込を繰り返している人は担当者からすればそれだけ他の消費者記入の審査に落ちた、あるいはお金に困っていると考えられます。

そのため、この状況を申込ブラックと呼び、消費者金融で借りにくくなってしまうのです。

消費者金融から借りやすくするためには申込を1つずつ行うことが大事です。

借りやすい職業がある

職業によってもお金を借りやすい職業と借りにくい職業があります。

借りやすい職業というのは公務員や1部上場企業の社員など、安定していると考えられる職業ですが、これらの職に就いている人はほんの一握りです。

ですので、大企業ではなくても正社員として働いている人は十分消費者金融から借りやすい職業と言えます。

しかし、アルバイト契約社員というのはいつ契約が切れるかわからず、収入がなくなってしまうため、正社員よりも借りにくいのです。

また、例えばホストの方が来た場合は否決になる確率が高いです。

ホストという職業は給料の浮き沈みが激しく、一般のサラリーマンではあり得ない変動の仕方をします。

職業によって収入の安定性は違いますから、借りやすい職業と借りにくい職業は存在するのです。具体的にどういった職業が不安定職種認定を受けるのか、以下の記事で説明しております。

関連記事をチェック!

【え、驚愕..】借り入れ審査には『即審査落ち』条件があった

「また審査に通らなかった」 「別のカードローンだったら借り入れできるかな?」 と考えているあなた。確かに保証会社の違うカードローン会社へ申し込む、というのも一つの手だと思います。 [ar...

matome

まとめ

審査通過率から分かる通り、アコムやアイフルは借りやすい大手消費者金融です。

しかし、それでも通過率は50%を超えておらず、決して簡単に借りれるというわけではないのです。

属性に悪い部分があれば大手消費者金融で借りることは難しく、ブラック状態の人はほぼ不可能です。

その分大手消費者金融は手続きの速さという意味で非常に借りやすい消費者金融となっています。

審査に関しては、中小消費者金融はブラック状態の人に対しても融資を行っており、借りやすい消費者金融というのは中小消費者金融の方が適していると言えます。

また、毎年3月や月末は、決算とノルマの関係で同じ消費者金融でも借りやすくなっていますので、急いでいない人はこの時期を狙うようにしましょう。

借りやすい消費者金融を探すことも重要ですが、年収が安定している人や他社借入が少ない人は消費者金融から借りやすくなりますので、その点に気を付けるようにしましょう。

関連記事をチェック!

なんと借入審査に通らない原因は〇〇だった!

借入審査に通らないとカードローンの契約はできませんね。どうしてもお金が必要だとしても契約ができない以上、お金を工面することはできません。 契約する上で欠かせないのが審査です。しかしどのような審査...

c3084d382eeb872a55afa0a4129f8805_s

関連記事をチェック!

今すぐお金が必要!借入審査が通らない方必見

今すぐお金が必要なときやってみたいこと 今すぐお金が必要だというときにやってみたいことがいくつかあります。 カードローンの申し込みでお金を借入することは簡単だとしても、その後の返済して...

今すぐお金が必要!借入審査が通らない方必見

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

おすすめ記事

  1. IMG_2796

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 複数・・・

このページの先頭へ