消費者金融の有人店舗でなくても監視されています

大手消費者金融をはじめとして消費者金融で有人店舗を持っているのは、比較的営業規模が小さく地域密着型の経営をしている消費者金融くらいなものですね。最近の消費者金融への申し込み方法がパソコンやスマホから行うのが主流で、有人店舗でないほうが契約しやすいと考える人が多くなっていることも有人店舗が減少した理由です。

もちろん貸金業法改正によって貸付上限金利が下がり、有人店舗を地方都市まで展開することで経費を圧迫するようになったのも大きな理由です。今後も時代の流れとして有人店舗はますます減少していくことでしょう。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(仮名)
年齢:55歳
性別:男性
職歴:地域密着の街金を30年近く経営

消費者金融の有人店舗がないからいつでも借りれる

消費者金融の借入申し込みはインターネット接続されたパソコンやスマホ、ケータイから行うのが主流ですね。

申込受付は24時間365日いつでもでき、会社で仕事が忙しくても自分の都合のよい時間に申し込みができるのは大変便利です。

消費者金融の審査は土日祝日でもできることから、消費者金融の審査に通過してしまえばそれこそコンビニATMから借入するのもほぼ24時間何時でも可能です。

振込キャッシングにしても、大手消費者金融のアコムは楽天銀行の口座、プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座があれば銀行休業日の土日でも瞬時に借入ができるサービスを展開しています。

さらに無人契約機の存在も未だに健在ですね。パソコンやスマホから申し込んでわざわざカードを発行するために無人契約機に行くくらいなら、最初から無人契約機で申し込みした方が手間がかからないと感じる人もいるでしょう。

無人契約機で申し込みすればその場でカードを発行でき、併設してあるATMから即時に借入が可能です。

無人契約機の営業は元日を除くほぼ毎日8時から22時までの消費者金融が多いですよね。

今や消費者金融からお金を借りるには、誰にも知られず借りれることや、曜日に関係なく22時までに契約手続きを終わらせればその場ですぐに借入ができるのは、有人店舗がなくても不都合がありません。

逆に有人店舗を設置し、営業時間を平日9時から18時まで、と限定したのでは借りにくい不便さも出てくるでしょう。

まさに有人店舗がなくなったことで借入希望者の利便性を増したことになり、より簡単により確実に借入できるのは有人店舗がなくなったためです。

貸金業法改正以前は各地方都市に有人店舗があった

大手消費者金融の有人店舗は全国でも数十件程度とほぼ都市部に集中しています。地方都市に有人店舗を設置しているところはほとんどありません。

なぜ有人店舗がなくなったのか、それは貸金業法改正によって貸付上限金利が以前よりも30%以上減少したからです。

それに加えて過払い金返還請求訴訟が多発し、資金繰りが悪化したことも大きな原因でしょう。

大手消費者金融はとくに過払い金返還請求訴訟が多発し、返還しなければならない金額も莫大なものです。

当時消費者金融の最大手であった武富士が会社清算に追い込まれたのも、過払い金請求額があまりにも多かったためですね。

すっかり疲弊してしまった消費者金融は、営業を存続するために各地にあった有人店舗を統廃合し、その数を激減しなければならない状態にまでになってしまったのです。

過払い金請求訴訟がなく貸金業法が改正される前、2005年当時くらいまでは10万人都市、または5万人都市くらいでもエリア内に10万人から20万人くらいの人口があれば有人店舗が設置されていました。

営業所には常時5人から6人の社員を設置し、契約手続きや督促業務まで有人店舗で行い、返済に遅れている顧客への取り立てや集金がよく行われていたものです。

平日でも22時や23時になっても営業所の明かりが見え、月末ともなると日付が変わる0時を回っても遅くまで仕事を行なっていました。

しかし借入できる時間は遅くても19時までや20時までになっている場合がほとんどです。

さすがに現在のような、無人契約機で22時までなら契約可能という時代ではありませんでした。

その代わりすでに会員となっているなら、消費者金融自社ATMやコンビニATMを利用すればいつでも借りられる体制は整いつつありました。

関連記事をチェック!

貸金業規制法から貸金業法に変わりました

貸金業規制法は貸金業法の前身の法律です。悪徳な貸金業者を排除するために昭和58年に貸金業規制法が施行されてからも、過剰貸付や多重債務の問題が後を絶たなかったため抜本的な改正として 2007年に貸金業法...

有人店舗がなくなり無人店舗が増えた

有人店舗はかなり減少してしまいましたが、顧客の利便性を考え無人店舗を積極的に増やすことで、パソコンやスマホからの申し込みに慣れていない人でも簡単に借入できるように設備投資を行いました。

無人店舗、つまり無人契約機を設置することで元日を除く毎日8時から22時まで(消費者金融によって時間は異なる)稼働しています。

地方都市でも幹線道路沿いに最低でも1箇所くらいは見かけることもあるでしょう。パソコンやスマホからの申し込みが主流になっても、カードを発券するには無人契約機はどうしても欠かせません。

たとえ無人店舗でもインターフォンによってオペレーターと直に会話することが可能です。

無人契約機での操作に迷っても、または全く操作方法がわからなくてもインターフォンの受話器越しに直接オペレーターと会話できるため、その場に消費者金融の社員はいなくてもまさに受話器の向こう側には社員がいるのです。

機械の操作には慣れていない高齢者でも、インターフォン越しにオペレーターと会話しながら操作できるのは安心ですよね。

無人店舗では監視カメラで見ている

有人店舗でなくても無人契約機のブース内は監視カメラでしっかり見られていますよ。

もちろん音声も確認できますので、例えば2人で無人契約機内に入店すれば「申込者本人以外は退出してください」と注意されます。

消費者金融が無人店舗で営業できるのは、いつでも契約状況を画面で把握できることが条件になっており、借入申込者と本人確認書類として提出した運転免許証と同一人物なのか、なりすましの契約ではないのか、をチェックしているのです。

有人店舗ではなく無人店舗だから何をしても良いだろうと、無人契約機内で大小便をすることや機器を壊しかねないような乱暴な操作をしてしまうと、すぐに警備会社に通報されますよ。

たとえ消費者金融の社員が無人店舗内にいないとしても、常に監視カメラで様子を見られていること、会話内容も聞かれていることに注意してくださいね。

関連記事をチェック!

【経験者が語る】自動契約機無人君のここが怖いよ!体験談

どうも馬太郎です。私は急な出費でお金が必要になった際に、むじんくんでカードローン審査からカードの発行、借り入れまでを行いました。 私が審査担当者に伝えた電話番号が誤っている等の不備があり...

関連記事をチェック!

消費者金融無人契約機での申込みの実態

消費者金融の大手になると無人契約機を設置していますよね。無人契約機とはその名の通りATMをちょっと大きくしたような機械が設置してあるだけで消費者金融の社員はどこにもいません。 消費者金融からお金...

有人店舗でなければ契約できない人はどうする?

パソコンも苦手、スマホも苦手、無人契約機の操作も苦手という人もいますよね。有人店舗はないかと調べてみても住んでいる地域には設置されていない場合困りますよね。

そういう場合は電話で申し込む方法もあります。

電話で申し込んでもオペレーターとの会話によって個人情報を入力しで行きますので、多少時間はかかったとしても自分でパソコンやスマホで申し込むのと変わりはありません。

時間に余裕をもって申し込めば当日中に借り入れすることもできないことではありません。しかし振込キャッシングをするには電話での操作や、無人契約機でのカード発行が必要です。

機械の操作は完全に無理、という場合は有人店舗を構えている中小消費者金融なら対面方式での契約のため、いろいろ相談しながら申し込みできますね。

中小消費者金融は名前が聞いたことがないから不安を感じるかもしれませんが、れっきとした登録貸金業者ですので法律遵守は大手消費者金融と同じです。

金利が違法に高いことや取り立てが相当に厳しいことはありません。契約書を書き損じても有人店舗ならすぐに新しい契約書を出してくれる安心感もありますね。

ただし中小消費者金融は土日が休みということや、営業時間は平日19時までなど時間的に制限があるのか難点です。

関連記事をチェック!

中小消費者金融ってどうなの?経営していた私が教えます

中小消費者金融からお金を借りるのって、意外と便利なところが多いですよ。筆者は30年以上にわたって消費者金融を経営していましたが現在では廃業しています。 お金を借りるのに中小消費者金融って大丈夫な...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解説します・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【ちょっとグレーな金稼ぎ】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法をグレーなものから、ホワイトなものまでご紹介します。 グレーの闇バイトで即金 求人サイトなどに掲載されている「短時間なのに、なぜ・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・